「私一人が英雄だという描き方は間違いです」 - 「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

「私一人が英雄だという描き方は間違いです」 - 「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2016年2月号記事

 

霊言

 

映画「杉原千畝」の主人公があの世からメッセージ

「私一人が英雄だという描き方は間違いです」

「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」

 


contents

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

杉原千畝(1900~1986)

プロフィール

(すぎはら ちうね)1900年岐阜県に生まれる。外務省の官費留学試験に合格し、ハルビンでロシア語を学ぶ。「外務省きってのロシア通」として知られ、在ヘルシンキ日本公使館や、リトアニア日本領事館領事代理、ルーマニアのブカレスト公使館などヨーロッパ各地で外交官として活躍した。1986年に86歳で逝去。

杉原千畝に聞く 日本外交の正義論

杉原千畝に聞く 日本外交の正義論

大川隆法著

幸福の科学出版

第二次大戦中、リトアニア駐在領事代理を務めた故・杉原千畝氏。

その半生を描いた映画が12月に公開され、改めて注目が集まっている。

杉原氏の人物像を明らかにするため、大川隆法・幸福の科学総裁は、「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」と題して杉原氏の霊言を収録した。

 

 杉原氏が駐在した当時のリトアニアには、ナチス・ドイツの迫害から逃れてきた多くのユダヤ系難民がいた。杉原氏はドイツから狙われるリスクを冒して日本通過ビザを発給し、6千人以上のユダヤ人らの命を救った。

 この功績により、戦後、杉原氏はイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞」を受けた。

 杉原氏がビザを発給した際のリストや外務省とのやりとりを示す公電は、2017年のユネスコ世界記憶遺産登録を目指す国内候補にも決まった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年2月号記事  霊言  杉原千畝  映画  第二次大戦  リトアニア  大川隆法  領事館  

Menu

Language