大川隆法総裁 大講演会「信じられる世界へ」 神の実在を語る

大川隆法総裁 大講演会「信じられる世界へ」 神の実在を語る

 

正義の法を今、説くのは、『信じられる世界』を建設するためなんです。私たちは、もっともっと信ずることができる世界を生きる権利があります」。

 

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は15日夜、千葉・幕張メッセの大講演会で、そう語った。

 

この講演会は、同グループの2大祭典の1つである「エル・カンターレ祭」。「信じられる世界へ(英題:To The World We Can Believe In)」と題された講演の様子は、同グループの中継網を通じて、全国・全世界3500カ所に同時中継された。

 

大川総裁は冒頭で、2015年の年初に起きた、国家と宗教の問題について触れ、また、来年2016年がどのような意味を持つ年であるかについて言及した。

 

正義の法

正義の法

大川隆法著

幸福の科学出版

その後、今月14日に発刊され、自身の2000書目となる最新刊『正義の法』について、「この法は、来年の、この国への羅針盤となり、この国を導く力となると思います」と語った。

 

大川総裁は、1981年3月に大悟(悟りを開いて、霊界と同通すること)し、同年7月に、自らが全人類を幸福へと導く使命を持つ、「エル・カンターレ」であることを自覚。86年7月に、大手総合商社を退社・独立し、同年10月に、「幸福の科学」を設立した。

 

その後、全国・全世界で2400回を超える法話・講演を行い、その内容の多くが、そのまま書籍として発刊され、『正義の法』で2000書を突破。書籍は、英語をはじめ、フランス語、ドイツ語、スペイン語など27言語に翻訳され、世界中の人々の心の指針や、指導者層の羅針盤となっている。

 

この講演では、他にも、以下のような論点への言及があった。

  •  学問や科学、ジャーナリズムの正しさについて。

  • 「イスラム国」に対する、先進国の空爆について。

  •  既存の世界宗教では、未来が開けない理由。

  •  ホーキング博士やリチャード・ドーキンスの間違いとは。

  •  宗教と学問の関係について。

  • 「神は死んだのか」について。

  •  真理を伝えることの意味とは。

 

なお、この講演は、全国・全世界にある幸福の科学の支部、精舎、拠点において、拝聴できる。支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター:03-5793-1727(火~金10~20時、土日10~18時)

・同グループサイトの支部・精舎アクセス: http://map.happy-science.jp/

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『正義の法』特設サイト

http://www.irhpress.co.jp/special/the-laws-of-justice/

 

幸福の科学出版 メインページ

https://www.irhpress.co.jp/

 

【関連記事】

2015年11月26日付本欄 大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10544

 

2016年1月号 パリ同時テロ 憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分――キリスト教圏との「和解」は可能だ (Webバージョン) - 編集長コラム

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10493

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 大川隆法  講演会  幕張メッセ  正義の法  羅針盤  エル・カンターレ  宗教    

Menu

Language