自由が失われつつある日本に憂国のメッセージ - 「政治家が、いま、考え、なすべきこととは何か。―元・総理 竹下登の霊言―」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

自由が失われつつある日本に憂国のメッセージ - 「政治家が、いま、考え、なすべきこととは何か。―元・総理 竹下登の霊言―」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2016年1月号記事

 

霊言

 

自由が失われつつある日本に憂国のメッセージ

公開霊言
「政治家が、いま、考え、なすべきこととは何か。―元・総理 竹下登の霊言―」

2015年11月19日 教祖殿大悟館

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 故・竹下登元首相が、天上界からメッセージを送ってきた。

 竹下氏は、初めて消費税を導入した首相として知られる。安倍首相は消費税を8%に上げ、2017年春にはさらに10%に上げようとしているが、後進の増税政策をどう見ているのか。

 竹下氏の霊は、消費税導入は、財政赤字を減らすという目的の下で行われたはずなのに、導入後に財政赤字は10倍に拡大したと指摘。「財政赤字をなくせないのであれば、消費税の導入は国民を苦しめるだけになる」と述べ、これ以上の増税に疑問を投げかけた。現在の日本は消費中心の経済であり、1989年の消費税導入時とは経済構造が変わっているため、消費への悪影響も危惧した。

 他にも竹下氏の霊は、マイナンバー制度や、「自由の創設」につながらない国防強化の危険性を警告。戦時中に国民の人権が抑圧される体験をした者として、自由を奪う政策に慎重な姿勢を示した。

 竹下氏の霊が特に苦言を呈したのはマスコミについて。本来国民の側に立つべきなのに、政府に取り込まれ、「マスコミ省」とも呼ぶべき状況になっているという。例えば、新聞各社は政府と一緒に消費増税を肯定しつつも、「新聞には軽減税率を適用すべき」と主張している。竹下氏の霊は、「(消費税を)国を再建するために上げるべきだと確信するなら、自分たちも高い税率を払うべきだ」と、マスコミの欺瞞を鋭く突いた。

 さらに、自らの退陣のきっかけとなったリクルート事件や、政治家の使命、世襲政治の過ちなどについて語った。

 調整型タイプのリーダーで、生前、「言語明瞭・意味不明瞭」と言われた竹下氏が、ここまでハッキリ語ったことに驚きを感じる。日本を愛するがゆえの言葉に真摯に耳を傾けたい。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2016年1月号記事  霊言  大川隆法  竹下登  消費税  財政赤字  自由の創設  国防強化  

Menu

Language