2016年 国民全員が標的! マイナンバーであなたの財産が奪われる 特集 2016年 笑う首脳、泣く首脳

2016年 国民全員が標的! マイナンバーであなたの財産が奪われる 特集 2016年 笑う首脳、泣く首脳

 

2016年1月号記事

 

特集

 

2016年 笑う首脳、泣く首脳

安倍首相、オバマ大統領、習近平国家主席、プーチン大統領……。自分の生活とはあまり関係ないようにも見えるが、彼らの考えが、私たちの会社や生活、そして財布の中身にまで大きな影響を及ぼしている。各国首脳の「正義」について考えながら、2016年を乗り切るヒントを探る。

 


 

 

contents

 

 

2016年 国民全員が標的!

 

マイナンバーであなたの財産が奪われる

 

2016年1月から、日本に「マイナンバー」という名の共通番号制が導入される。

「多くの国で導入されている」「困るのは税金をごまかしている金持ちだけ」との声もあるが、本当か。

(編集部 小川佳世子、河本晴恵、山本泉)

 

 

そもそも、マイナンバーとは?

マイナンバーは、国民全員に割り振られる12ケタの番号です。

現在はバラバラに管理されている年金や雇用保険などの情報を1つの番号で管理できるようになります。

政府は、マイナンバーによって、役所での作業効率が良くなり、国民の手続きも簡単になるとしています。

また、脱税や不正受給を防止でき、本当に困っている人に支援ができるようになると説明しています。

 

2016年1月から利用が始まる分野

  • 雇用保険や健康保険に関する書類
  • 税務当局に提出する申告書・法定調書
  • 被災者生活再建支援金の支給
※年金は利用開始を延期 

 

2018年以降導入予定もしくは検討されている分野

  • 銀行口座の開設(当面任意)
  • クレジットカードとの一体化
  • 運転免許証との一体化
  • 車の購入時の手続き
  • 健康保険証との一体化 

 

 

 マイナンバーの導入を目前にして、各企業は社内のセキュリティを強化したり、専門家に委託するなど対応している。

 もし、社員から集めたマイナンバーの情報を漏らせば、4年以下の懲役か200万円以下の罰金が科せられる罰則規定がある。加えて、企業の社会的信用も大きく損なわれ、訴訟で賠償金を請求されるリスクもあるのだ。

 

 

数百万円の設備投資

 マイナンバー対応の実態について、複数の企業関係者に聞き取り調査したところ、その負担の重さが明らかになった。

 ある中小企業の人事担当者は、マイナンバーの管理用に30万円のハードウェアを購入した。「マイナンバー対応のため、今後1年間で350時間を費やす見込みです」。この担当者は、これまでもマイナンバー関係のセミナーを受講した。こうした研修費を負担するのも企業だ。

 大企業の負担はさらに重い。

 A社では、数千人の社員と扶養家族のマイナンバーを集めるだけでも一苦労で、登録作業は外部に委託する予定だ。「事務代行料は1人600円で、1万人分だと600万円。初期費用でこれだけかかります」(A社社員)

 企業の税務をサポートする税理士事務所のコストも増える。

 ある事務所は設備投資に680万円かかったため、今後、顧客に年数万円を請求するという。別の税理士も、「セキュリティの高いシステムで、200万円くらいかかった」と話す。

 帝国データバンクの調査(注1)によると、マイナンバー対応にかかるコストは平均で1社約100万円という。だが、マイナンバー対応のための費用は、会社の利益を生むものではなく、不景気の中、重くのしかかる。ある中小企業の営業マンは「うちの会社で100万円の利益を出すには、1000万円の売り上げが要る」と嘆いた。

(注1)2015年5月19日帝国データバンク「マイナンバー制度に対する企業の意識調査」

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

マイナンバーにまつわる疑問の声に答えます

国民の財産権と政治参加の自由を守ろう

インタビュー・山崎文明氏 / 山田順氏

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年1月号記事  山崎文明  山田順  著名知識人  マイナンバー  課税強化  監視社会  情報漏えい  財産  財産権  税金  庶民  家計  

Menu

Language