【無料記事】「『救世の法』講義」ポイント速報

【無料記事】「『救世の法』講義」ポイント速報

 

 

日本という国に背骨を通したい

  • ・根本的には、私が問うているのは、日本人というのは本当の文明人なのか、高度に文化を持っている人間なのか、この国の文化は肯定されるべきもので未来を約束するものか。宗教の存在を否定することを旨とする論調がまかり通っていて、宗教を尊重しない尊敬しない国家が成長・繁栄の道に入ることが許されるのかどうか。

 

  • ・動物たちの世の中と変わらないと申し上げている。動物はその日の糧を得ればいい。生命の存続を維持できればいい。人間はそれでは十分ではない。目に見えない価値を感じ、その中に生きがいを見出すことができなかったら、人間としての存在根拠が十分出ないと思う。

 

  • ・日本という国に一本きちっと背骨を通したい。クラゲのような国に背骨を入れたい。背骨に当たるものは、国家としての基本的な精神。それは道徳からきているし、宗教からきている。宗教がしっかりしていないと、ぐにゃぐにゃの状態になっている。混沌状態が続いているのが日本の状態。

 

  • ・GDPが世界の2位、3位というのはどうでもいい。トップを争っている国が何らの精神的な発信ができず、世界に対するリーダーシップが発揮できないのは実に情けない状況だと知らないといけない。それだけの責任を負っていないことに恥ずかしいという気持ちを持たないといけない。

 

宗教対立を根っこからなくす

  • ・例えば、本書でも第4章の「宗教国家の条件」では、イスラム教、キリスト教の対立がどうなるか書いている。核兵器を持っているイスラエルと、もうじき製造し持つであろうイランの核戦争が起きるかどうか。イランの核が使用可能になる前にイスラエルが攻撃するか。イランの核保有を認めたらサウジやエジプトも核武装するのは確実。ここ10年ぐらいに懸念される事態。核戦争が起きると「黙示録」に予言されるアルマゲドン、最終戦争になるかが懸念される。対立が起きている理由について書いてある。(中略)

 

  • ・昨日、世界宗教の元になるところの霊査をやってみた。一神教のユダヤ教から調べに入った。ヤハウェと言われている神がある。途中から神の名が変わっている。それは第一イザヤ、第二イザヤという予言者が出てきたときから神の名をエローヒムと呼んでいる。ユダヤ人は分からないので、同じ神様だと思っていた。

 

  • ・霊的な実体を言うと、イザヤがエローヒムと呼んだ神は中東からアフリカをおおっていた神。その数百年後のキリスト教が起きる準備のために現れてきた。小さな宗教であったユダヤ教に、キリスト教が出る基盤をつくるためにエローヒムが出てきている。イエスも旧約聖書を勉強して、区別ができていないが、イエスが信じていたのはエローヒム。

 

  • ・そういうことがあるので、ユダヤ教を信じている人たちはキリスト教を圧迫した。キリスト教対イスラム教の対立が起きるが、イスラム教を指導したのもエローヒム。同じ神様なのだが、理解し合えない。偶像を否定したり「我以外神なし」と言った神(ヤハウェ)との整理ができていない。いまそれを整理しようとしている。世界宗教の元にあるものを整理して、紛争を根っこからなくそうとしている。核兵器より前に宗教の根元から直そうとしている。幸福の科学はそういう大きな使命を持っている。

 

参考記事: キリスト教vs.イスラム教(7)【完全版】神の〝仕分け〟が必要だ

 

【質疑応答より】中国の情報統制は10年でひっくり返る

  • ・中国のほうも上海万博の後、物価が高騰してきて、都市部の生活者が反対運動を起こしてきている。社会主義国家なら土地の収用を簡単にできたのが反対する人たちが相当出てきている。経済レベルでは西側の価値観に近づいている。これから10年が戦いではある。(中略)

 

  • ・いま不都合な情報を入れないように政府が統制している。映画「アバター」が流行ったが、中国政府が見たら、中国が他国を侵略しているようにしか見えないということで上映が制限された。映画の上映まで国家が統制できているレベル。この戦いは政府が敗れると思う。経済が活発になれば、情報が自由になってこないといけない。10年のうちにひっくり返ると思う。(中略)

 

  • ・力での衝突になる未来にしたくない。日本も力のある国だし、中国も歴史のある立派な国。上手に付き合っていくことが大事。一方が他方を支配する関係はつくらないことを暗黙の了解にして、影響を与え合うことが大事。

 

 

 

 この速報は、大川隆法総裁の最新説法のうち時事問題に関するポイントを、「ザ・リバティ」編集部が任意に抽出・要約したものです。

法話の全編は現在、全国の幸福の科学の支部・精舎等で公開されていますので、是非、支部・精舎等で拝聴されることをお勧めします。 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 中国  イスラム教  エロヒム  イスラエル  イラン  ハルマゲドン  

Menu

Language