失われた日本古代史の秘密に迫る - 「天御祖神とは何者か」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

失われた日本古代史の秘密に迫る - 「天御祖神とは何者か」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2015年12月号記事

 

霊言

 

失われた日本古代史の秘密に迫る

公開霊言「天御祖神(あめのみおやかみ)とは何者か」

2015年10月3日 幸福の科学総合本部 ※本霊言は精舎のみで拝聴できる。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

『ホツマツタヱ』に用いられているホツマ文字。「ヲシテ」と言われることもある。

 日本神道の中心神の一柱といえば、天御中主神の御名が浮かぶ。『古事記』には、天地開闢の際、高天原に最初に現れた神として書かれている。

 だが、『古事記』や『日本書紀』よりも前に書かれたとされる古代文書『ホツマツタヱ』によれば、天御中主神の前にも神が存在したという。その御名は、「天御祖神」といい、「創造主」に当たる存在として書かれている。さらに、天御中主神はその神の分霊とされる。

 とはいえ、この『ホツマツタヱ』は日本神道の正史としては認められておらず、天御祖神を祀った神社もない。天御中主神との関係についても謎が多い。

 大川隆法総裁は、秘密を解き明かすべく、「天御祖神」の霊を呼んだ。その内容は、宇宙にも関係する壮大なものとなった。

 宇宙の成り立ちはまだまだ深遠なる謎に満ちている。本霊言は、神秘の世界を垣間見ることのできる現代の奇跡である。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2015年12月号記事  大川隆法  霊言  天御祖神  古事記  創造主  日本神道  

Menu

Language