「南京」登録で 中国の反日は活気づく ノンフィクション作家 河添恵子 - ユネスコの誤審

「南京」登録で 中国の反日は活気づく ノンフィクション作家 河添恵子 - ユネスコの誤審

 

2015年12月号記事

 

ユネスコの誤審

 

「南京」登録で 中国の反日は活気づく

 

ユネスコ記憶遺産に「南京大虐殺」資料が登録された。今後どのような影響が出るか。中国問題に詳しい河添恵子氏に聞いた。

 

 

ノンフィクション作家

河添恵子

(かわそえ・けいこ)1963年千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、87年より遼寧師範大学(大連)へ留学。94年に作家活動をスタート。主な著書は『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)ほか多数。

(1)サンフランシスコのサクラメント通りにオープンした抗日戦争記念館。撮影:M.Sugino

(1)館内には、日本軍が南京などで残虐行為を働いたとする写真や資料などが、英語と中国語で展示されている。撮影:M.Sugino

――記憶遺産に「南京」が登録されました。

 

河添氏(以下、河) 「嘘の遺産」でも、中国が政治力で登録できる時代になったのか、というのが率直な気持ちです。ユネスコという国連の機関から「お墨付き」を得たわけですから、今後、中国の「反日活動」はますます活気づくでしょう。

 

 

抗日記念館を世界中につくる

――具体的には、どのような影響が出ると考えられますか。

 

終戦の日にあたる8月15日、米カリフォルニア州サンフランシスコ市のチャイナタウンの一角に、中国国外では初めてとなる「海外抗日戦争記念館」(写真(1))がオープンしました。在米女性実業家で館長の方李邦琴は、パンフレットに次のような言葉を寄せています。

「第二次世界大戦の間、ナチス・ドイツに約600万人のユダヤ人が虐殺され、全世界に167カ所のユダヤ記念館や記念碑がある。しかし、日本軍国主義により3500万人以上の中国人が抹殺されたが、海外に記念館は一つもない。それでは世界がこの悲惨な歴史を理解できない」

 これは、ユダヤ記念館に匹敵する数の抗日記念館を世界中につくるという宣言だと読み取れます。今回の登録は、この動きの追い風になるでしょう。

 

――本当にそんなことができるでしょうか。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

アメリカの中国系反日団体「抗日連合会」について

日本はどう対応すべきか

「南京大虐殺」「従軍慰安婦」。歴史ねつ造でジェノサイド(民族浄化)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年12月号記事  ユネスコ  南京大虐殺  従軍慰安婦  河添恵子  著名知識人  反日  中国  ジェノサイド  抗日記念館    ねつ造  

Menu

Language