翁長知事の埋め立て承認の記者会見に違和感 民主主義を考える

 

沖縄県の翁長雄志知事が、米軍基地移設に必要な辺野古の埋め立て承認を取り消す手続きを行いました。翁長知事は取り消しに当たって記者会見を開き、「日本の民主主義を問いたい」と語りました。

県知事が、国家間の約束を反故にしかねない決定を行うことには問題がありますが、「民主主義」という"錦の御旗"を立てることで、正統性を打ち出しているように見えます。

 

また、9月に成立した安保法制では、反対派が「民主主義って何だ」と声を上げ、安保法制が成立すると「民主主義は終わった」と主張していました。

 

しかしながら、国民によって選ばれた政治家たちが行おうとしていることに「反対」を叫び、力ずくでやめさせることが民主主義だとすることには違和感があります。

かといって、多数決こそ民主主義だと肯定することも疑問が残ります。ヒトラーを誕生させたドイツの歴史を見ても、多数派が必ずしも正義とは限らないからです。

 

そこで、民主主義とは何かについて考えてみたいと思います。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language