「沖縄の新聞は潰さなあかん」? ――「現代の神」マスコミはどこへ向かうか(Webバージョン) - 編集長コラム

「沖縄の新聞は潰さなあかん」? ――「現代の神」マスコミはどこへ向かうか(Webバージョン)  - 編集長コラム

 

2015年9月号記事

 

編集長コラム Monthly Column

 

Webバージョン

「沖縄の新聞は潰さなあかん」?

――「現代の神」マスコミはどこへ向かうか

 

「奇跡」の日本近代史

「奇跡」の日本近代史
世界を変えた「大東亜戦争」の真実

本欄の歴史問題をテーマにしたコラムに大幅加筆した『「奇跡」の日本近代史―世界を変えた「大東亜戦争」の真実―』が発刊されました。戦後70年の今年、日本と世界の未来を創造していくために、必読の一冊です。

綾織次郎著

HSU出版会刊

 自民党の若手議員が2015年6月末に開いた勉強会で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞は潰さなあかん」と発言。出席した議員が「マスコミを懲らしめるために広告収入をなくせばいい」と同調したことで、「言論弾圧か?」と各マスコミが大騒ぎした。

 その2紙、琉球新報、沖縄タイムスの編集局長はそろって記者会見し、「全メディア、言論の自由への挑戦だと感じている」と訴えた。

 確かに政権与党が本当にメディアを潰す法律でも作ろうものなら大変なことだが、結果として、自民議員が役職停止となるなど、"言論封殺"されたのは政治家の側だった。

 マスコミの「言論の自由」は今や、選挙で国会議員を落とすこともできれば、当選させることもできる。実際、翁長雄志知事を昨年11月の知事選で"全面支援"し、当選させたのは沖縄のこの2紙だった。

 地元紙や全国紙から"ダメ出し"されたら、政治家が選挙に勝つには極めて難しい。「政治家を"ギロチン"にかけ、クビにする」ことがマスコミの仕事になっている。

 マスコミと正面から戦えるほど強い政治家は存在しない。政治家の「言論の自由」をマスコミが奪っており、立法・行政・司法の三権を越え、「第一権力」にのぼりつめていることを示している。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年9月号記事  編集長コラム  綾織次郎  マスコミ  権力  言論の自由  言論弾圧  情報操作  

Menu

Language