キャリア女性が卵子の凍結保存 子育てには仕事のキャリアに負けない価値がある

 

キャリアの形成を優先するため、アメリカで卵子を凍結する中国人女性が増えています。加齢が進むにつれ卵子が老化するため、妊娠率も低下します。そこで若いうちに卵子を採取し、液体窒素で保存することで、採取した時の妊娠率が期待できるといいます。

 

とはいっても、米カリフォルニア州の不妊治療センターの専門家によると、年に1500~1800人の中国人が来院しますが、その目的の大半は不妊治療。卵子の冷凍保存が目的の女性は全体の5%未満です。ですがその数は増えているといいます(2015年10月2日付ウォール・ストリート・ジャーナル電子版)。

 

中国では、卵子の凍結が許されるのは、既婚で子宮頸がんなどの病気を持つ場合のみと制限が厳しいため、アメリカで卵子を凍結するようです。ただ、卵子の凍結にかかる費用は通常1万1000ドル程度と高額なため、その金額を払える人はまだ限られています。

 

本欄では、卵子凍結という話題を通じて、女性の子育てについて考えてみます。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language