今さら聞けない、サッチャーは何をした人?――綾織編集長の『未来創造学』超入門【福祉編】

 

※綾織次郎ザ・リバティ編集長は、2016年4月に新設されるハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)「未来創造学部」では、プロフェッサーも勤める。

政治や経済を一から勉強したい!!

 

そんな方のため、本コーナーでは綾織次郎ザ・リバティ編集長が、政治経済の「そもそも」を解説していきます。

 

◆                        ◆                        ◆

 

今、2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際、食品などの消費税率を抑える軽減税率の導入時期について、自民党と公明党で意見が割れています。自民党は「4月以降」と、導入を先送る方針を示していますが、公明党は「4月中」を主張しています。

 

そもそも政府が消費税を引き上げた理由の一つには、社会保障費が増えていることがあります。少子高齢化が進むに日本にとって、社会保障の問題は避けては通れません。

 

前回は、人間を本当に幸福にする福祉のあり方について考えました。

(リンク参照: http://the-liberty.com/article.php?item_id=10184)

 

第2回は「今さら聞けない、サッチャーは何をした人?」というテーマでお届けします。サッチャーの経済政策、福祉政策は、自助努力の精神を忘れつつある日本にとって非常に参考になるものです。

 

 

イギリスを10年で蘇らせたサッチャー

サッチャーは1980年代にイギリスの首相として、イギリスの発展・繁栄を主導しました。

 

大川隆法・幸福の科学総裁は、サッチャーについて、次のように述べています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language