辺野古移設工事の承認が取り消しへ 米軍を撤退させ中国圏入りを目指す翁長知事 - The Liberty Opinion 3

辺野古移設工事の承認が取り消しへ 米軍を撤退させ中国圏入りを目指す翁長知事 - The Liberty Opinion 3

 

2015年11月号記事

 

The Liberty Opinion 3

政治

 

辺野古移設工事の承認が取り消しへ

米軍を撤退させ中国圏入りを目指す翁長知事

 

5月17日に行われた、辺野古移設に反対する「沖縄県民大会」。写真:小早川渉/アフロ

沖縄県の翁長雄志知事の暴走が止まらない。仲井眞弘多前知事が昨年末、辺野古沖での埋め立て工事を許可したことについて、今年9月中旬、翁長知事はその許可を取り消す方針を表明した。

 承認が取り消されれば、政府はその無効を求める法的措置をとる構え。基地問題は一気に「法廷闘争」の様相を呈し始めた。

 だが法廷で争えば、翁長氏は敗北する公算が高いと言われている。にもかかわらず、取り消しを強行したのは、翁長氏が9月21日に演説を行う国連人権理事会へのアピールのためと見られる。国連で同氏は、「沖縄の米軍基地による琉球民族への人権侵害」を訴え、日米両政府を追い込む狙いがある。

 それを示唆するように、地元紙・沖縄タイムスも「重要になってくるのが、いかに国際・国内世論を沖縄の側に引きつけ、沖縄の訴えに正当性があることを理解してもらうかである」(14日付社説)として、翁長氏を擁護している。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年11月号記事  オピニオン  沖縄  翁長知事  辺野古  米軍  中国  

Menu

Language