成果を上げる強い組織をつくるために - 「グループ研修について」 - 大川真輝理事 講話レポート

成果を上げる強い組織をつくるために - 「グループ研修について」 - 大川真輝理事 講話レポート

 

2015年11月号記事

 

講話

 

成果を上げる強い組織をつくるために

「グループ研修について」
─史上最大の伝道集団となるための教えを確認する─

2015年8月24日 総本山・正心館

 

宗教法人 幸福の科学常務理事
(兼)総裁室長代理
(兼)エル・カンターレ信仰伝道局活動推進参謀
(兼)HSU教学補強担当

大川 真輝

(おおかわ・まさき)1993年生まれ。大川隆法総裁の次男。開成中学校・高等学校卒業。早稲田大学文化構想学部に在学中。著書は『大川隆法名言集「リーダー」になりたい“あなた"へ130の鉄則』(幸福の科学出版刊)『大川隆法の“大東亜戦争"論』(HSU出版会)など多数。

 

 

 

 優れた成果を上げるために、組織の結束力を強めていくには何が必要なのか。経営者や管理職など、組織のリーダー的立場に立つ人なら、誰でも知りたいことだろう。

 大川真輝常務理事は、大川咲也加専務理事と企画した「グループ研修」の趣旨について、全国から集まった学生信者を前に講話を行った。宗教的な切り口から語られた組織論は、宗教団体はもちろん、他の組織にも当てはまる普遍的な内容となった。

 

 一般的には、政治家や社長などの社会的地位のある人が世の中を動かしていると考えられている。これは「垂直権力」と呼ばれるものだ。だが、真輝常務理事は、人と人とのつながりによって生まれる「水平権力」のパワーに着目。時にはこの力が時代を大きく変えていく。明治維新なども、地方の下級武士たちが結束して成し遂げたものであり「水平権力」が発揮された例であると言える。

 本講話では、この「水平権力」を強くしていく方法として、「組織が目指している目標、成果に関心を持つこと」などが説かれる。さらに、結び付け合う力の源泉には、宗教的真実があることが分かる。

 団結、連帯、結束を強めるには、技術論では限界があり、宗教的真理が必要であることが深く理解できるだろう。

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2015年11月号  講話  大川隆法  次男  大川真輝  グループ研修  伝道  成果  

Menu

Language