今度は「記憶遺産」で日本が大ピンチ! 中国のUNESCO「反日歴史戦」のすべて - 戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

今度は「記憶遺産」で日本が大ピンチ! 中国のUNESCO「反日歴史戦」のすべて - 戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

2014年3月、パリのユネスコ本部でユネスコ事務局長のイリナ・ボコバ氏(右)と握手する習近平・中国国家主席。写真:ロイター/アフロ

 

2015年10月号記事

 

戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

 

今度は「記憶遺産」で日本が大ピンチ!

中国のUNESCO「反日歴史戦」のすべて

 

ユネスコを舞台に、中国が繰り広げる「反日歴史戦」――。ユネスコ記憶遺産の最終審議が10月に迫る中、中国の歴史ねつ造の全貌が明らかになってきた。今回はその主なポイントと、積極的に反対の声を上げてきた幸福実現党の主張をまとめた。

(編集部 山下格史、中原一隆、遠藤明成)

 

 

中国の歴史ねつ造に反論し続けてきた幸福実現党。上は2014年7月、東京都内で行った、中国の記憶遺産の申請に抗議する1700人規模のデモ。下は今年7月、安倍首相に「河野・村山談話」の無効を宣言する「戦後70年談話」を求め、提出した、全国で集めた約33万筆の署名。

 中国が「南京大虐殺」「従軍慰安婦」資料をユネスコ記憶遺産に登録申請している。その最終審議が10月に行われる。審議に精通しているユネスコ関係者の中には、「中国の申請は却下すべきだ」とする人物もいる。

 だが日本は安心してはいけない。最終審議はIAC委員14人が多数決を採り、その結果を受け、最終的にユネスコ事務局長のイリナ・ボコバ氏が登録の可否を決める。そのボコバ氏に、中国はすでに根回しを済ませている。

 習近平・中国国家主席は昨年3月、パリのユネスコ本部を訪れ、ボコバ氏と会談(上写真)。その後の演説で習氏はこう述べた。

「中国は、ユネスコの『万里の長城』奨学金制度やアフリカ信託基金への貢献を拡大・継続していく」

 その3カ月後、中国は先の資料を申請したが、この用意周到な外交に日本は対抗できるのか。今、中国の「歴史戦」が、一つのクライマックスを迎えようとしている。

 

関連記事 ユネスコ関係者が証言 「政治性の強い申請は却下すべき」 - The Liberty Opinion 1  

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

そもそも解説 ユネスコ記憶遺産と世界遺産の違いとは

ユネスコ記憶遺産をめぐる中国と幸福実現党の戦い

マスコミが報じない戦後70年の「日中の歴史戦」

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年10月号記事  戦後70年  日本の誇りを取り戻そう  ユネスコ記憶遺産  中国  反日歴史戦    

Menu

Language