STAP細胞はやはり存在する - 助け舟を出す良識ある研究者はいないのか - The Liberty Opinion 2

STAP細胞はやはり存在する - 助け舟を出す良識ある研究者はいないのか - The Liberty Opinion 2

2015年8月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

助け舟を出す良識ある研究者はいないのか

STAP細胞はやはり存在する

 

小保方晴子博士守護霊インタビュー

小保方晴子博士守護霊インタビュー

大川隆法著

幸福の科学出版

 STAP細胞の問題をめぐり、論文の筆頭著者である小保方晴子氏が犯罪者扱いされている。

 当時、理化学研究所(理研)にあった論文の共著者である若山照彦氏の研究室からES細胞が盗まれたとして、理研OBが被疑者不詳のまま窃盗容疑で告発状を提出。5月、兵庫県警が受理した。

 一部のマスコミは、「小保方氏がES細胞を盗み、STAP細胞と偽った」というシナリオに基づいて報道している。

 昨年12月には小保方氏が参加したSTAP細胞の検証実験が「失敗」として打ち切られた。理研はSTAP細胞はES細胞が混入したものだったとほぼ断定。小保方氏は理研を退職したが、今年2月に理研は同氏を懲戒解雇相当と発表した。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年8月号記事  オピニオン  小保方晴子  STAP細胞  理研  告発  バッシング  

Menu

Language