「自由の創設」としての大東亜戦争(Webバージョン) - 編集長コラム

「自由の創設」としての大東亜戦争(Webバージョン) - 編集長コラム

 

2015年5月号記事

 

編集長コラム Monthly Column Web用ロングバージョン

 

「自由の創設」としての大東亜戦争

 

 戦後70年の2015年、中国が歴史問題で攻勢を強めている。

 国連安保理で中国の王毅外相は2月、議長の立場を利用してわざわざ公開討論を催した。「今年は反ファシズムの勝利」の年だとして、「過去の侵略のごまかしを試みる者がいる」と暗に日本を批判した。

 中国はこの日本へのレッテルを永遠に定着させようとしているようだ。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年5月号記事  編集長コラム  自由の創設  大東亜戦争  アジア植民地  解放  教育  言論  誤解  理想    Webバージョン  

Menu

Language