【日本を創ろう】(3) 公立学校は「民営化」で立て直せ

【日本を創ろう】(3) 公立学校は「民営化」で立て直せ

 

2010年5月号記事
 
 

今こそ国民に教育選択の自由を

公立学校は「民営化」で立て直せ

 

 

学力低下、不登校、いじめや非行――全国の公立学校のそんな「低品質の教育」に巨額の税金が使われる一方で

多くの家庭が高い月謝を払い、子供を塾に通わせている。

要するに今の公立学校は、倒産状態にあるのではないか。

時代に合わない社会主義的で生産性の低い部分は見直し民間の智慧を入れて「教育の自由化」を推し進めることこそ

未来の繁栄を担う人材輩出に向けた、国家百年の計である。

(編集部 田中司)

 

 

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 日本を創ろう  教育  

Menu

Language