大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公、吉田松陰の妹・杉文とは【3分で学ぶリバティ日本史】

松下村塾の講義室(画像は Yuki Yaginuma / flickr

 

吉田松陰の妹・杉文(すぎ ふみ)が主人公のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が、4日から始まります。「篤姫」「八重の桜」に続いて、幕末の動乱を生き抜いた女性を描いたストーリーです。

 

文を演じるのが、ドラマ「花より男子」の主演や、映画「永遠の0」で主人公の妻役をつとめた井上真央さんであることも手伝って、話題を呼んでいます。

 

吉田松陰と言えば、松下村塾の塾頭を務め、明治維新の志士を多数輩出した傑物。伊藤博文や山県有朋など明治の日本を支えた人物も育てました。明治の代表的言論人だった徳富蘇峰が、宗教改革の火蓋を切ったマルティン・ルターを引き合いに出して激賞したほど、吉田松陰は、日本精神を体現した人物でした。

 

では、そんな松陰を支えた杉文とは、一体、どんな女性だったのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language