公職選挙法という「参入障壁」

公職選挙法という「参入障壁」

2009年11月号記事

 

本誌編集長手記

現場から見た総選挙

公職選挙法という「参入障壁」

 

鳩山政権を生み出すに到った8月30日の総選挙。里村英一本誌編集長はこの選挙において候補者として鳩山由紀夫首相と同じ選挙区で争った。その体験をもとに、選挙現場で見られた民主主義のすばらしさと不公平さなど悲喜こもごもを本誌編集長が報告する。

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 現場から見た総選挙  公職選挙法  

Menu

Language