NHKへの公開質問状 なぜ超常現象を否定したいのですか? Part3

NHKへの公開質問状 なぜ超常現象を否定したいのですか? Part3

 

2014年10月号記事

 

超常現象を否定できない4つの理由

 

超常現象と呼ばれるものの中にはニセモノもあり、真贋の判定は難しい。しかし、ここで紹介するような特徴を持つ、真実性の高い事例も多い。超常現象を完全に否定するなら、少なくとも以下の論点に対して説得力のある反論が必要だ。

 


contents

 

 

理由1

体験者が膨大な数に上っている

 シャーマー氏(本誌32ページ)は「人数は関係ない」と語るが、超常現象の体験者が膨大な数に上っていても、幻覚や見間違いだと言い切れるのだろうか。

 ハーバード大学の精神医学者で、ピューリツァー賞受賞者でもある故ジョン・マック氏は、アメリカの宇宙人アブダクション経験者を約300万人と推定している。また、米ギャラップ社などが90年代に行った一連の統計では、臨死体験者は全世界で6000万人に上ると推測されている。これを全て「脳が生んだ幻覚」と片づけるのは乱暴な議論だ。

 また、一つの現象を複数の人が同時に目撃することもある。UFO目撃事例では特に多く、日本でも、2010年12月、横浜アリーナ上空に100機前後のUFO編隊が現われ、一度に数千人が目撃した。同じ地域で数日の間にUFOの目撃が相次ぐ「フラップ」と呼ばれる現象もあり、目撃者が数百人から数千人に上る有名な事件も多い。

 これだけの大人数が同時に「見間違い」をしたというほうが無理がある。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年10月号記事  NHK  超常現象  否定  体験者  共通体験  物的証拠  事実  臨死体験  科学的態度  著名知識人  

Menu

Language