国連人権委が「慰安婦」で日本に勧告 賛成・反対2陣営の報告会で火花

 

国連人権委員会がスイスのジュネーブで行った対日審査を踏まえ、24日、日本政府に対し、慰安婦などに関する人権問題を是正するよう勧告した。国連の勧告に法的強制力はないが、国際社会における日本へのマイナスの影響は計り知れない。

 

特に、同委員会は国際問題となっている慰安婦について、「性奴隷制度や戦時中の日本軍による慰安婦に対する他の人権侵害の全ての疑惑を調査すべき。有罪の時は処罰するための効果的な立法および行政措置を直ちにとること」などと勧告した。

 

この勧告を受ける形で、都内で25日、対日審査が行われたジュネーブで、賛成と反対に分かれて活動していた、日本の2つの陣営が会見や報告会を行った。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language