情報で中国の民主化を促せ 在米中国大使館前「劉暁波プラザ」に改称

 

在米中国大使館前の通りを、ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏にちなんで「劉暁波プラザ」に改称することが、2015会計年度の歳出法案の修正案として米下院歳出委員会で可決された。天安門事件から25年を経て、人権保護に力を入れるアメリカからのメッセージであるとともに、中国に対して民主化を求める狙いがある。

 

同修正案の提出者の一人であるフランク・ウルフ氏は、中国の人権蹂躙の歴史に関して批判的なことで知られる人物。今回の改称で「大使館宛に届く全ての手紙に劉氏の名前が記載されることは中国への圧力になる」と意義を強調した。またウルフ氏は、中国が米下院議員のパソコンをハッキングした事件の際に被害を報告した議員でもあり、中国に対し強く変革を求め続けている。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language