Part2 プーチンはヒトラーの再来ではない - この“独裁者"は天使か? 悪魔か? プーチンの正義

Part2 プーチンはヒトラーの再来ではない - この“独裁者"は天使か? 悪魔か? プーチンの正義

 

2014年7月号記事

 

Part 2

 

プーチンはヒトラーの再来ではない

クリミア併合に見られる強硬な姿勢や、国内政治における独裁的な一面から、社会主義を復活させようとしているのではないかと批判されるプーチン氏。パート2では、ロシア国内に焦点を当て、その行動の背景を探る。

 


contents

 

 

 ウクライナの合意を得ずにロシアが3月にクリミアを編入したことを受け、欧米は「国際法違反」と批判した。ショイブレ独財務相は、「ヒトラーによるズデーテン地方の併合のようだ」と発言。プーチン氏は国際秩序や民主主義を破壊する「独裁者」というイメージが広がっている。

 また、ロシア国内でプーチン氏が独裁的な動きをみせていることも確かだ。地方首長の候補を直接選んだり、政府に批判的なテレビ局のオーナーを辞めさせるなどしてきた。プーチン氏がソ連の情報機関であるKGB出身という経歴とも無関係ではないかもしれない。

 

 

ウクライナ暫定政府は違法状態

 だが、クリミアやロシア国内の問題については、もっと多角的な視点による分析が必要だ。

 例えば、親欧米派のウクライナ暫定政府は、ロシアのクリミア併合は憲法違反と批判する。しかし、その暫定政府自身が、憲法に基づく民主的な選挙で選ばれた政府ではない。厳密に言えば、民主的に選ばれたヤヌコビッチ大統領を追い出した「非合法政権」である。

 また、暫定政府がつくるウクライナ議会は3月、全人口の2割がロシア系であるにも関わらず、ロシア語を準公用語から除外した。これにロシア系住民が猛反発。同国東部のドネツク州などが独立を求める事態に発展した。後に除外は撤回されたが、ロシアの評論家であるヤフリンスキー氏は、「反ロシア派(親欧米派)の民族主義的政策が極端に走った」(中国新聞網電子版)と指摘する。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年7月号記事  プーチン大統領  ウラジミール・プーチン  正義  クリミア編入  ウクライナ  ロシア  NATO  北野幸伯  イワン・プロホロフ  

Menu

Language