台湾の学生が守ったもの - 台湾の未来 現地レポート:湊 侑子

台湾の学生が守ったもの - 台湾の未来 現地レポート:湊 侑子

 

2014年6月号記事

 

台湾の未来

現地レポート

 

台湾の学生が守ったもの

 

台湾の学生たちが3週間以上にわたり、立法院(国会)を占拠し、50万人規模のデモを行った。筆者自身、2年前に台湾留学の経験もあり、現地の学生たちが「何を守ろうとしているのか」を確かめたいと思い、大規模なデモが行われた3月下旬、ネット番組「ザ・ファクト」取材班とともに台湾へ飛んだ。

 

 

 

HS政経塾1期生、幸福実現党兵庫本部副代表

湊 侑子

(みなと・ゆうこ)1983年生まれ。兵庫県姫路市出身。2005年、関西学院大学文学部を卒業後、幸福の科学に奉職。10年に、HS政経塾に第1期生として入塾し、台湾に留学するなど精力的に活動。13年に、卒塾し、現職。

 首都・台北市中心部にある立法院(国会)に着いて驚いたのは、救援物資の豊富さだった。占拠している学生たちだけでは、到底使い切れないほどの物資がうず高く積まれていた。水や食料だけでなく、寝袋、テント、雨合羽などに加え、仮設トイレも設置されていた。

 3月30日のデモ当日、集会の拠点となった総統府前には、有名ミュージシャンの野外コンサート並みのステージが組まれ(写真上)、この運動に台湾全土から多くの支援が寄せられていることを感じさせた。

「今日のデモには、台湾の未来がかかっている」

 そう話すのは、国立政治大学に通う女子大学生(21歳)だ。彼女は、今回の運動に参加することを母親に伝えると、「学生は勉強だけしておけばいい」と叱られ、何度も口論になったという。そんな彼女にとって、この日は人生初のデモとなった。

 暑い日差しが照りつける午後1時、デモが始まった。参加者は、主催者発表で50万人、台湾の人口2300万人の2%に相当する。日本の人口に置き換えれば、260万人が参加した計算で、その規模の大きさが分かる。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年6月号記事  台湾  学生  中国  経済協力枠組協定  ECFA  馬英九  言論弾圧  個人情報の漏えい  国防問題  両岸関係  両岸協議監督条例  自由  

Menu

Language