【第2部】確実に売れるマイクロヒット戦略 - 消費税8%を迎え撃て! - 超実践編

【第2部】確実に売れるマイクロヒット戦略 - 消費税8%を迎え撃て! - 超実践編

 

2014年5月号記事

 

確実に売れるマイクロヒット戦略

消費税8%を迎え撃て!

超実践編

 

第1部 97年の再来? 日本経済は立ち直れるか

本誌p.26インタビュー 田村秀男

消費増税は愚策 アベノミクスは日本再生ビジョンを示せ

 

第2部 マイクロヒット戦略 超実践編

本誌p.30インタビュー 廣瀬知砂子 マイクロヒット戦略で黒字商品を増やそう

本誌p.37インタビュー 辻井啓作 裏づけのある値上げは企業も顧客も幸せにする

 

 

日本を脱デフレに導くと期待されたアベノミクスは消費増税で大きな曲がり角を迎え、日本経済の先行きは極めて厳しいと予想される。しかし、どんなに景気が悪くても成長する企業はある。具体的な事例を紹介しながら、練り込んで作った商品やサービスを、ねらいを定めて確実に売る新たな戦略を提案したい。

(編集部 近藤雅之、河本晴恵、山本慧)

 


contents

 

 

第2部

 

「マイクロヒット戦略」超実践編

 

 民間企業が、政府の失政で起きる不況から逃れることは難しい。だが、1991年のバブル崩壊以降、度重なる官製不況の中でも、業績を上げ、着実に成長している企業はある。

 デフレが続く15年間、日本の企業は熾烈な値下げ競争に苦しんできた。8%の増税を受け、今後さらなる価格競争が起き、体力の弱い中小企業はますます苦しくなる可能性が高い。

 日本経済を支える中小企業の多くは、広告・宣伝費に大きな資金を使えるわけでもなく、商品開発も限られた予算枠で行っているはずだ。まさにそんな中小企業や、自らを平凡だと考えている企業人に提案したい戦略が、「マイクロヒット戦略」だ。

 昨年末に発刊された『売れる企画はマイクロヒット戦略で考えなさい!』で紹介されているこの戦略は、最初からメガヒットやロングセラーを飛ばして、一発逆転を狙うものではない。むしろそれとは正反対。既存のマーケットの中で確実に売れるターゲットを見つけ出し、何割か増しの利益を着実に出し続ける戦略だ。

 そんなマイクロヒットから始まり、メガヒット商品にまで発展したものもある。桃屋の「食べるラー油」やエナジードリンクの「レッドブル」など。これらの商品は、最初から広告・宣伝を大々的に打ったわけではなく、特定のターゲット層に火がついて、次第にファンが増えていったものである。

 平凡な人でも実践できて、着実な利益を積み重ねていくというマイクロヒット戦略とは、一体どのようなものなのか。同書の著者である廣瀬知砂子氏に話を聞いた。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年5月号記事  マイクロヒット  廣瀬知砂子  辻井啓作  付加価値  値上げ  値下げ  企画  利益  再現性  デフレ  

Menu

Language