ユダヤ人を救った東條英機は「アジアのヒトラー」か? (Webバージョン) - 編集長コラム

ユダヤ人を救った東條英機は「アジアのヒトラー」か? (Webバージョン) - 編集長コラム

 

2014年5月号記事

 

ユダヤ人を救った東條英機は「アジアのヒトラー」か?

 

 中国が世界各地で、「日本は現代のナチス」というキャンペーンを展開している。安倍晋三首相が昨年末、靖国神社を参拝してから、一層露骨になった。

 中国の駐イスラエル大使は地元英字紙に寄稿し、「東條英機はアジアのヒトラーだ」と書いた。東京裁判で「A級戦犯」とされた東條元首相らを祀る靖国神社に参拝したことがいけないのだという。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年5月号記事  編集長コラム  綾織次郎  東條英機  ユダヤ人  A級戦犯  人種差別  ヒトラー  中国  

Menu

Language