「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった

「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった

 

2014年4月号記事

 

仏アングレーム国際漫画祭

 

「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった

「従軍慰安婦のウソ」を訴えた日本の漫画が撤去

 

「従軍慰安婦」をめぐる韓国の反日攻勢は激しさを増している。1月下旬から2月上旬に開かれたフランス・アングレーム国際漫画祭では、「慰安婦の強制連行はなかった」とする日本の市民団体「論破プロジェクト」の漫画が撤去される一方で、「強制連行はあった」とする韓国側の漫画の展示が大々的に行われた。国際的にも注目を集めた漫画祭の舞台裏で、一体、何が起きていたのか。

(編集部 山下格史、河本晴恵)

 

 

すべての展示物が撤去された後の同プロジェクトのブース。

「本を片付けて、お前たちも今すぐ立ち去れ。お前たちの作品はクソだ!」

 ヨーロッパ最大級の漫画祭と言われる、仏・アングレーム国際漫画祭(主催・アングレーム市)の開幕を翌日に控えた1月29日、準備に追われる会場の一角に緊張が走った。

「慰安婦の強制連行はなかった」などの史実を伝える漫画77点をたずさえて日本から参加した、市民団体「論破プロジェクト」(藤井実彦代表)のブースが、突然、主催者によって閉鎖され、作品も撤去されたのだ。

 藤井氏は次のように語り、悔しさをにじませた。

「主催者側から、『お前たちの政治的な漫画を展示させるわけにはいかない』と言われた。しかし私たちの漫画は、史実に基づいているのに対し、韓国側の漫画は、まったくのでたらめ、プロパガンダ(政治的な意図を持った宣伝)。どちらが『政治的』なのか。まったく納得できない」(インタビュー参照)

 

information

ネット・オピニオン番組「THE FACT」で、アングレーム漫画祭の密着取材の様子を配信中!

(記事内の漫画祭の画像は、いずれも「THE FACT」取材班より提供)

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年4月号記事  アングレーム国際漫画祭  論破プロジェクト  藤井実彦  従軍慰安婦  ブース強制撤去  韓国  反日  ブラック・プロパガンダ  

Menu

Language