【そもそも解説】「世界同時株安」って、どんな仕組みで起きているの?

「世界同時株安」が進み、世界がその行方を注視しています。

 

事の発端は、米国の中央銀行であるFRBの方針転換です。FRBは、リーマンショックや欧州危機の打撃から米国経済を守るため、大胆な金融緩和を続けてきました。しかし、FRBは2013年末、米国経済が堅調に回復すると判断し、「量的金融緩和の縮小」に踏み切りました。さらに1月29日には、金融緩和の縮小を一段と加速させる決定を行いました。

 

このFRBの政策によって、大きな打撃を受けたのは、トルコ、インド、インドネシア、ブラジル、南アフリカなどの新興国でした。

 

当初、各国内であふれていた資金は、投資家によって新興国の株や土地に多く投資されていました。しかし、その国々は政情不安や経常赤字など、脆弱な経済状態にあります。実体経済に反して投機が盛んに行われていたのです。

 

・・・・・・(2ページ目から全文をお読みいただけます)

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language