吉田松陰からマンデラまで貫く思想 (Webバージョン) - 編集長コラム

吉田松陰からマンデラまで貫く思想 (Webバージョン) - 編集長コラム

日本軍が南アフリカまで攻めてくることを期待していたというマンデラ氏。幕末の時点で、大東亜戦争を見通していた吉田松陰。二人を貫く思想とは――。

 

2014年2月号記事

 

 アパルトヘイト(人種隔離政策)と闘った南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が、天に召された。

 マンデラ氏と日本は縁遠く見えるが、生前、あるインタビューで日本への強い思い入れを語っていた。「日本をモデルにして南アフリカに虹の国をつくりたい。日本の奇跡とも言うべき成功は、私たちに大きな励みと力を与えてくれた」

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年2月号記事  編集長コラム  Webバージョン  綾織次郎  ネルソン・マンデラ  吉田松陰  人種差別  

Menu

Language