世界一幸せな国・ブータン 経済成長路線に転換 豊かさを肯定するところに幸福が生まれる

「世界一幸せな国」と言われたブータンのツェリン・トブゲイ首相が5日、産経新聞のインタビューに対し、「私たちは非常に幸せだが、貧しくもある」と発言。経済発展を目指すことが国民の幸福と不可分であるとの考えを示した。物質的な豊かさより精神的な満足度を重視する国民総幸福(GNH)を掲げてきたブータンが、方針転換を始めている。

 

今年7月の国民議会選挙で新しく首相に選出されたトブゲイ氏は、米ハーバード大を卒業した元官僚。選挙中から「GNHは国際的な注目を集めたが、国民の利益にはなっていない」と指摘してきた。同国の国勢調査では、国民の約97%が幸福であるとの結果が出ているが、実際には7%台にも上る若者の失業率や、インドに対して経済的に過度に依存する体質など、大きな問題を抱えている。

 

・・・・・・(2ページ目から全文をお読みいただけます)

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language