マスコミの選挙予測報道は公職選挙法違反か - The Liberty Opinion 2

マスコミの選挙予測報道は公職選挙法違反か - The Liberty Opinion 2

2013年10月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

国民の政治参加の自由を侵す

 

 選挙の投票日が近づくと、「自民70議席に迫る勢い」などと、各報道機関が競うように選挙予測を流し始める。7月の参院選も、大方の予測通り、自民圧勝の結果に終わった。

 しかし、事前に結果が分かっている勝負ほど面白くないものはない。有権者の興味が薄れるのが現実だ。

 公職選挙法第138条の3は、「何人も、選挙に関し、公職に就くべき者を予想する人気投票の経過又は結果を公表してはならない」と定めている。「人気投票は必ずしも公正なものと言えず、これを選挙に反映させることは弊害が多い」(注)からだ。

(注)『逐条解説 公職選挙法』(ぎょうせい刊)

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年10月号記事  マスコミ  人気投票  選挙  公職選挙法  国民主権  民主主義  新聞  一票の価値  

Menu

Language