米副大統領「北朝鮮が核を放棄したら対話」 米国は北の時間稼ぎにつき合うな

 

バイデン米副大統領は18日のワシントンでの演説で、米朝高官協議を呼びかけていた北朝鮮に対し、「危機を演出しておいて、それをやめる見返りに対話をしてほしいというのは認められない」と批判した。北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動をとらない限り、対話に応じない姿勢を改めて示した形だ。アメリカ政府は、北朝鮮の対話姿勢を、核兵器開発のための時間稼ぎと見ている。

 

3度目の核実験を強行した北朝鮮への経済制裁に、中国が本格的に参加してから、約3カ月が経過した。国際的孤立を深めた北朝鮮は先月16日、アメリカに対し米朝高官協議を呼びかけていた。

 

バイデン氏が指摘した通り、北朝鮮はこれまで挑発と対話を繰り返し、3回の核実験を行ってきている。アメリカ国内には、北朝鮮がさらなる核実験を予定しているという見方もある。

米ジョンズ・ホプキンス大のウェブサイト「38ノース」は、衛星情報から、北朝鮮が先月、地下核実験用のトンネル建設に着手したと公表した。また、米スタンフォード大のシーグフリード・ヘッカー教授は、17日のウィーンでの講演で、北朝鮮はいつでも4度目の核実験を行える状況にあると分析した。

 

もし、これらのことが事実なら、制裁を続けるアメリカは、北朝鮮の時間稼ぎにつき合っているだけ、ということになる。

 

また、その経済制裁自体も、北朝鮮の最大の外貨銀行のある、中国頼みとなっている。その上、北朝鮮には制裁の“抜け道"があるようだ。

 

北朝鮮は現在、安保理制裁決議により、ほとんどの武器の輸出入が禁じられている。しかし、パナマ政府がキューバから北朝鮮へ向かう船を調査したところ、貨物の中からミサイル部品が見つかったと15日、発表した。これを受けてキューバは、この部品は北朝鮮に修理に出したものであり、安保理決議には反していないと主張。しかし、パナマや安保理関係者らは違反だと指摘している。

 

せっかく経済制裁を強化しても、北朝鮮に協力する国が出てしまっては意味がない。

 

アメリカは北朝鮮が核兵器開発の時間稼ぎをしているとするが、時間稼ぎをさせているのはアメリカ自身だとも言える。アメリカが口を出すばかりで手を打たなければ、完成した核ミサイルを持つ北朝鮮に、本土を狙われる羽目にもなりかねない。(居)

 

【関連記事】

2013年5月25日付本欄 北朝鮮が参加を表明した「6カ国協議」の再開は無意味である

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6089

 

2013年5月23日付本欄 中朝首脳部が会談 中国が東アジアの主導権を握ろうとしている

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6063

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『北朝鮮の未来透視に挑戦する』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=914

 

アマゾンの同書紹介ページ

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4863953127/liberty0b-22/

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language