志位委員長の「本心」とは? きわめてわかり易い「共産党とは何か」の入門書

 

福島瑞穂・社民党党首の守護霊インタビューに続き、志位和夫・日本共産党委員長の守護霊インタビューが、早くも本になった。21日から一部書店で発売開始となる(全国発売は26日)。

 

選挙期間中にあえてこのような霊言を発表する理由は何か。それは、本書『共産主義批判の常識―日本共産党 志位委員長守護霊に直撃インタビュー―』に、国師である大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が書いた「まえがき」「あとがき」を読めば、はっきりと分かる。一部抜き書きしてみよう。

 

「本書は、きわめてわかり易い、『共産主義とは何か』『共産党とは何か』の入門書になっていると思う」

「憲法改正反対、原発再稼働反対、TPP反対、大企業支援反対、対中韓友好促進の論陣をマスコミが張ろうとすれば、日本共産党志位委員長を押し立てるか、社民党の福島瑞穂党首を宣伝するしかして、責任をお振り替えして、自分たちの主張を貫こうとするだろう」

「共産主義の本質は『平和』ではない。物である人間が党の役に立たねば圧殺していく、『専制政治』であり、反対者を収容所に放り込んでいく『全体主義』である」(「まえがき」より)

「ここまで本音と建前の分離した政党も少ないだろう。表向きは、平和護憲政党にして軍国主義復活反対、弱者の味方、その裏は、天皇制廃止、日本共産党軍の強大化、反対者の処刑、中国による日本植民地化の促進である」

「はやく真実に目覚めるべきである。神仏の心を心とした政治をやらない限り、この国に真の平和と繁栄は来ない。その反対に災いが続出するであろう」(「あとがき」より)

 

本書の意義はきわめて大きい。なぜなら、多くの政治家は「建前」しか語らず「本心」を隠すからだ。その隠された本心や目的を調べ国民に知らせるのは本来マスコミの役割だが、この国のマスコミは戦後左傾化し、社会主義や共産主義を礼賛してきた。朝日新聞などは中国や北朝鮮を夢の国のように宣伝してきた手前、日本共産党や社民党の「正体」をきちんと伝えていない。そのため、選挙において有権者が判断する「材料」が乏しい。

 

さらに分かりにくくしているのが、社会主義・共産主義が唯物論・無神論を標榜しているという点だ。戦後、占領軍の戦略によって、日本人の宗教心を弱体化させられ、マスコミが宗教をタブーとしてきたことで、日本人の多くが「唯物論?無神論?別にいいじゃない」という風潮になっている。そのため、無神論の国家や政党がいかに恐ろしいかということが、感覚として分からない。

 

その意味で、志位氏の守護霊の霊言は、きわめて明快でわかり易い。守護霊自身が無神論のため、霊としての自覚がなく本人そのものだと思い込んでいる。そのため、本人が日頃から心の奥で考えている「本心」を、包み隠さずに話している。

天皇制の否定、宗教を信じる人や異なった思想を持つ人の粛清・処刑など、旧ソ連や中国、北朝鮮と同じ体質を持っていることが、白日の下に晒された。

 

戦後のイデオロギー闘争の中で、共産党は「平和主義」を掲げていたため、反戦平和運動と合体しているように見えた。しかし、その実態は「あさま山荘事件」でも分かるように、仲間であっても思想対立する者を容赦なくリンチ、処刑するという、きわめて独裁的、偏狭的な集団なのだ。

 

このような、表向き「平和」の仮面をかぶって、「善意」を装い、弱者の味方のような振りをしている政党の「正体」を明かした本書は、真の意味でジャーナリズムの役割を果たし、日本の将来を考えるうえで非常に大きな意義を持つことだろう。

 

ともあれ、「中国軍と日本共産党軍に殺される前に、ぜひ一読をすすめたい」(「まえがき」より)。

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『共産主義批判の常識―日本共産党 志位委員長守護霊に直撃インタビュー』

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=990

 

【関連記事】

志位和夫・日本共産党委員長(守護霊)「権力の側に回ったら、自衛隊を日本共産党軍にする」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6344

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language