自虐史観を検証する - 新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃3

自虐史観を検証する - 新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃3

 

2013年8月号記事

新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃

 

第三回

 

自虐史観を検証する

 

 

 

「日本は先の大戦で植民地支配と侵略によってアジアの国々に多大な損害と苦痛を与えた」――中国・南京では一般市民を大虐殺し、朝鮮半島では女性を強制連行して慰安婦にしたという。それで日本政府は、アジア諸国に謝罪を繰り返しているし、マスコミもそれを煽り立てている。

一方で、この考え方を"自虐史観"として批判する論者もいる。彼らは先の戦争は、決して侵略ではなかったと主張する。

一体、どちらが正しいのか。公開霊言シリーズは、ついにこの歴史認識問題に踏み込んだ。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年8月号記事  霊言  歴史  自虐史観  ルネッサンス  

Menu

Language