朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー

朝日新聞主筆 若宮啓文守護霊インタビュー

 

大川隆法総裁公開霊言抜粋レポート

朝日新聞のなかで、一つの時代が終わろうとしている

「朝日新聞はまだ反日か―若宮主筆の本心に迫る―」 2012年9月20日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 政権交代や原発問題等について世論に大きな影響を与え、国の未来を危うくしてきた日本のマスコミ。彼らは今、厳しい正邪の判別と改革の時を迎えようとしている。

 19日のNHK幹部の守護霊インタビューに続き、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は20日、朝日新聞主筆の若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏の守護霊を招いてインタビューを行った。インタビューに先立ち大川総裁が述べた今回の趣旨から、いくつかポイントを挙げると、

 

  • NHKに続き、日本を代表する新聞社として朝日を調べてみたい。朝日新聞に関する論点を挙げていくと、日本の今の論点がほとんど出てくると思う。
  • 3年前に民主党政権ができ上がるにあたっては、朝日新聞がそうとうリーダーシップを発揮したが、それから3年間の民主党政権を見て複雑な気持ちでいるのではないか。
  • 中・米・韓との距離の取り方も、国内政局も非常に難しい今の時期に、朝日の論説の方向を決める最重要人物の一人が若宮主筆であると思われるので、その人の本心に迫ってみたい。
  • 朝日新聞は勇気はあると思うし、正義を求めているとは思うが、やはり神ならぬ身なので、ときどき善悪の価値判断を外している感じはする。最近の朝日は記事の散りばめ方が複雑になり、いろんな層に当たるように書き分けているように感じられ、私としては朝日の“揺らぎ"を感じている。

 以下、同守護霊インタビューの抜粋をお届けする。

 

 

民主党政権は「朝日の本心」とは、だいぶずれた

――メインは、「朝日新聞はまだ反日か」というテーマですので……。

若宮啓文守護霊(以下、若宮)「まだ反日か」って、私らは何も言っていない。日本をよくするために仕事をしているんじゃないか。反日ということはないでしょう? 私たちが「日本そのもの」なんだからね。何を言ってるんだ。

(中略)野田は、民主党にしては怪しすぎる。怪しい野田が民主党の首相になっちゃったから、これは「朝日の本心」とは、だいぶずれたよな。もともとは、こんなつもりではなかったからさ。鳩山が、あれほどむごい“最期"になるとは、さすがに、ちょっと信じられなかったし、また、菅が、あれほどみっともない“最期"になるというのも、ちょっと信じられなかったよ。

――今の尖閣問題における(中国の)暴動、その他の状況を見ると……。

若宮 さすがに、文明国としては、ちょっとどうなんだろうね。さすがに擁護するのは厳しいよなあ。

(中略)私らの3年前の理想は、過去のわだかまりを全部解いて、中国と非常に友好な関係を開いていこう」ということだったわけですよ。お互いにツーツーになるような感じの非常に友好な国家になって、「米中だって接近してるんだから、日本だけが取り残されないようにしなければいけない」ということで、基本的には、「日・米・中が、いい感じの正三角形の関係になればいいかなあ」というふうには思っていたけどね。

――チベットや新疆ウイグル自治区、内モンゴルなどは、彼らの側からすると、みな、「われわれは独立国家だった」と言っていますので、すでに、そこには中国による植民地支配という歴史の現実がありますよね。

若宮 それに関してはだねえ、日本の帝国陸軍が、中国を内深部まで侵しまくったわけだからして、それをやった日本には、それを言う資格はないよ。「中国がほかの国を攻めた」みたいなことを言うのは、ちょっと資格がないよ。

――そうしますと、「南京で30万人が虐殺された」という説は、相変わらず信じておられるわけですか。

若宮 いやあ、別に信じていないよ。信じてはいないけども、それを出せば、日本の軍国主義化を止めることができるからね。あえて、向こう側の言説を、ときどきちらつかせることによって、自民党の安倍みたいな跳ねっ返りが出てくるのを牽制することができるからさ。

 

 

 

「原発ゼロ」が方針転換され、朝日新聞もテレ朝もヤケ酒

――今の若宮主筆のご見識からしますと、例えば、原発問題などに関しては……。

若宮 ああ、原発か。昨日はなあ、朝日は、もう、みんな、朝日新聞からテレ朝まで、ヤケ酒でな。野田の"キッコーマン醤油"に、「2030年代に原発をゼロにする」という閣議決定をやらせるはずだったのが、何だ、あれは。あっという間に、なくなっちゃったんだよな。あれが裏切りでなくて、いったい何が裏切りなんだ。

――あれは、なぜ、引っ繰り返ってしまったと思われますか。

若宮 毎日新聞にさあ、「大江健三郎に」、何だったかなあ、「脱原発の真意を問う」?(幸福の科学の公開霊言書籍『大江健三郎に「脱原発」の核心を問う』のこと)。なんか、そんなのが、毎日新聞にベーンと五段抜きで載ったよな。それで、厳しいことが書いてあったよな。なんとなく、あれで、野田が、かなり反応したような感じは受ける。

 まあ、それもあるけども、その前から、経団連系は、やっぱり

脱原発に反対はしていたんだが、マスコミのほうは、「国民の多数

は、脱原発だ」という意見で、だいぶ染め上げていたわけだよ。それを、幸福の科学のほうから、バンバン"弾"を撃ち込んでくるじゃないか。それを見て、経団連系が、「脱原発は国民の総意ではない」と判断し、意見を強く打ち出してき始めたんだよね。要するに、「マスコミの意見だけではない言論が存在する」ということでね。

 それと、経済産業省とか、防衛省とかは、幸福の科学の言論に、けっこう賛成なんだよな。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 霊言  公開霊言  朝日新聞  若宮啓文  尖閣  中国  戦争  原罪  ナベツネ  原発  世論  憲法  平和主義  幸福の科学  

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language