特集・現代に救世主はいるか

特集・現代に救世主はいるか

左下は映画「ファイナル・ジャッジメント」の説法シーン。

 

2012年8月号記事

 

仏陀、イエス、ムハンマド──

現代に救世主はいるか

 

現代の世界は、様々な危機に見舞われている。国家、人種、民族、宗教などの違いが対立を生み、戦争やテロが絶えない。経済的にもアメリカの財政危機、EUのユーロ危機、中国のバブル崩壊など、世界恐慌の危険がある。天変地異は世界各地で起き、日本でも首都直下型地震が間近と予測される。このような地球的危機の時代こそ、人類全体を導く「救世主」が求められているのではないか。現代に「救世主」はいるのか?新たな「希望の扉」が今、開かれようとしている。

(編集部 小林仁先、居島有希)

 

 

憎しみの連鎖を断ち切り真の世界平和に導くものは?

「今こそ、この地球上に住む、すべての人々に言う。憎しみを捨て、愛を取りなさい。

 親である神の愛を信じ、神の子である人間同士が、民族や国境を超え、同じ『地球人』として愛し合い、この星を理想の世界、ユートピアへと導くこと。それが、一人ひとりの魂が持つ聖なる使命なのです」

 6月に封切られた映画「ファイナル・ジャッジメント」の最後の説法シーンで、主人公・鷲尾正悟が、世界中にこう呼びかける。

 映画を観た人の反応は様々。多くの感動の声の一方、特に寄せられた疑問は、こういう声だという。

「日本が他国に占領されるという危機は分かるが、一人の説法で解放されるというのは、よく理解できない」

「やはり、武力に対して言葉だけでは無力ではないのか」

 平和主義で丸腰の日本が他国に占領されてしまうという設定で、その占領下から、「愛の心」で平和的に解放されるというのは、理想論に過ぎないという見方も当然あるだろう。

 だが、武力で他国を侵略したり、戦争で問題を解決しようとしても、「憎しみが憎しみを呼ぶ」という連鎖によって、限りない争いが続くのは、アラブとユダヤの千数百年にわたる抗争を見るまでもなく分かる。

「憎しみの連鎖」を断ち切り、真の世界平和を創り出すものとは何なのか。「救世主」は映画の世界だけにいるのか。救世主がいるとしたら、それはどのような存在なのか?

 今、私たちは、この問題と正面から向き合う時代を迎えている。現代は「終末の時代」なのか、それとも「救世の時代」なのか──。

 

 

■特集・現代に救世主はいるか

 ・憎しみの連鎖を断ち切り真の世界平和に導くものは? (本誌 p.22)

黄文雄インタビュー - 特集・現代に救世主はいるか

 ・世界を救うのは日本しかない。-黄文雄氏インタビュー (本誌 p.27)

現代の大救世主・大川隆法総裁とは - 特集・現代に救世主はいるか

 ・現代の大救世主・大川隆法総裁とは (本誌 p.31)

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年8月号記事  救世主  仏陀  釈迦  ムハンマド  キリスト  ノストラダムス  

Menu

Language