新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する Q&A4

新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する Q&A4

 

2012年1月号記事

 

幸福の科学への14のギモンを検証する

 

質問TOPへ戻る

 

Q4.奇跡がやらせっぽい?
A.イエスの奇跡と同じことが、今起きています。

「宗教は御利益だろ」とか「奇跡がいっぱい起きているけど、やらせじゃないか」という声は、宗教を信じない人からは当然のように出てくる。

 しかし、信者のAさんは、こう一蹴する。「御利益ありますけど、何が悪いんですか?(笑)」

 また、ベンチャー企業を経営する信者のCさん(30代男性)はこう言う。

「宗教に限らず、『成功したい』『幸運をつかみたい』気持ちはみんな持ってるでしょ。御利益があるから人が集まるんでしょ。いっぱい集まっている幸福の科学は、ものすごい御利益がある証拠ですよ」

 実際に、幸福の科学では様々な「御利益」や「奇跡」があちこちで起きている。「70年間も目が見えなかった人が、見えるようになった」「末期ガンが消えた」など、大きなものから小さなものまで、日常的に報告されている。

 病気治しに限らず、幸福の科学の教えを実践することで、長年の悩みが解決したり、人間関係が好転するなど、その御利益は数知れない。

 宗教には「奇跡」や「御利益」はつきものだ。医学が発達していなかった昔は、病気の際は宗教者に祈願や祈祷をしてもらい、そのおかげで治るなど、宗教が医者の代わりをしていたのだ。『聖書』を読めば分かる通り、現実に、イエス・キリストとその弟子たちもさまざまな奇跡を起こしていた。それが今、幸福の科学でも起きているということだ。

 幸福の科学はその意味で、「最も御利益がある宗教」と言えるだろう。その一方で、あまたの「御利益信仰」とは一線を画している。確かに自らが救われ幸福になるという御利益はあるが、その幸福を他の人々にも広げ、「ユートピア」を建設することを、信者の最も大切な使命としているからだ。

 

質問TOPへ戻る

 

【Part1】新宗教15の疑問 - Part1

アンケートにもとづいて、日本人の新宗教へのイメージを検証します。なんと、そこには驚きの結果が????

その他、新宗教へのイメージを悪くしている、マスコミ、教育、ネットなどを掘り下げて、日本人に刷り込まれているネガティブな宗教観の原因を探ります。

【Part2】新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する

新宗教の代表として幸福の科学への"よくある"悪いイメージを14ギモンとしてピックアップ。Q&A形式にして掲載。

その他、幸福の科学が日頃何をしているか、ウェブ番組「サタデーナイトinエリア5反田」のパーソナリティ、アカイ★コウジと生艸まゆこが、実際に幸福の科学の支部に行ってインタビュー&ご紹介も。

タグ: 2012年1月号記事  オウム  カルト  政治  政教分離  洗脳  組織  勧誘  お布施  

Menu

Language