農業・医療はTPPで再生する

 

TPP反対派の声はなお強く、その中心は農業と医療だが、17日付日本経済新聞は「農業・医療 再生今こそ」「TPPを機にピンチをチャンスに」と書いている。

 

同記事の要旨は以下の通り。

 

  • TPP参加で農業団体は「安い農産物が流入すれば農業は壊滅する」と主張する。だが、日本は高い関税で主要な農産物の輸入を閉ざし、コメは生産調整(減反)を通じて価格競争も抑えてきた。株式会社など新たな担い手の参入も制限し、新規就農者は思うほど増えない。一方で耕作放棄地は拡大を続ける。
  • サクランボは77年に米国産の輸入が解禁、この時も「壊滅する」と反対運動が起きた。だが、30年を過ぎ、山形県のサクランボは高級品種として知名度が高まり、同県の生産量は逆に1.3倍に増えた。
  • 日本医師会は「TPPに参加すれば国民皆保険が崩壊する」と主張するが、構図は農業と似ている。
  • 農業も医療も「閉ざす」ことによって制度を維持してきた。結果的に既得権益を生み、必要な改革は置き去りにされた。攻めの開国は日本の弱点を強みに変える好機だ。

 

おおむね本誌の主張と一致している。要は「規制を撤廃」して「自由の領域」を広げ、「健全な競争と努力によって成長する」方向は、善なのだ。

どうも反対派の声を聞くと、「アメリカにいいようにやられてしまう」という被害妄想の気がある。しかし、日本の戦後の成長の中で、常に関税や規制の撤廃は行われてきた。その中で日本の産業は鍛えられ、世界に冠たる地位を築いてきたのだ。

農業、医療とて、日本の技術は世界トップクラスだ。いたずらに保護に走るよりも、「大国」としての気概を見せるべきだ。

 

だが、「腰かけ」野田首相には多くは望めまい。ここについては、外交交渉で実績のある官僚に頑張ってもらうべきだろう。(仁)

 

【関連記事】2009年8月号 ニッポン繁栄8つの提言 増え続ける医療費の「ムダ」をなくせ

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=647

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language