放射能は大丈夫か? 福島・首都圏の住民から健康被害が出ない理由【動画】ウェブ版リバティ・セミナー

放射能は大丈夫か? 福島・首都圏の住民から健康被害が出ない理由【動画】ウェブ版リバティ・セミナー

菅直人氏の首相としての最後の仕事は、「福島で居住が長期間困難になる地域が生じる」と福島県知事らに伝えに行ったことだった。この根拠になったのが文部科学省の試算で、事故直後から1年間の積算放射線量が場所によっては500ミリシーベルトを上回ると発表した。しかし、事故直後は今の1000万倍も放射線が放出されていたので、これから1年間をとれば放射線量は極めて少なくなる。

菅前首相は4月の時点で「福島原発周辺は20年住めない」と発言していたが、それを実現したくて、辞任直前に仕上げをしたということだろう。

福島は菅前首相が考えるように、再生・再建が難しい土地なのだろうか。それだけ十分に科学的に検証されたのだろうか。文科省の単なる「推計値」でふるさとを捨てさせていいのだろうか。

原発事故以降、何度も福島入りして現地の放射能のレベルを調査している札幌医科大の高田純教授(放射線防護学)に、ウェブ版リバティ・セミナーにお呼びし、福島の放射能汚染の実態について話を聞いた。

 

 

【動画】リバティ・セミナーの動画(約1時間20分)は、次ページ(有料ページ)でご覧いただけます。

■ 1 世界的権威、高田純教授とは?(21分54秒)
■ 2 福島の放射線量結果が明らかに(18分00秒)
■ 3 日本人は実は放射能好きな国民?(20分12秒)
■ 4 食品の心配はあるのか?(20分28秒)

 

「有料登録」がまだの方はこちらへ

 

※動画は、スマートフォン以外の携帯電話ではご覧いただけません。

 スマートフォン以外の携帯電話の方は、同じID・パスワードでパソコン、スマートフォン等にログインしてご覧下さい。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 動画記事  著名知識人  リバティ・セミナー  福島・首都圏の住民から健康被害が出ない理由  

Menu

Language