幸福の科学が世界宗教になる理由─200号記念総力特集「宗教」

幸福の科学が世界宗教になる理由─200号記念総力特集「宗教」

 

2011年10月号記事

保存版 200号記念 総力特集「宗教」第3部

 

 

 

幸福の科学が世界宗教になる理由

 

1986年に産声を上げて以来ちょうど25年。

6畳一間でスタートした幸福の科学は

いまや戦後発足の宗教としては最大の宗教団体となった。

そして今、その教えは全世界へと広がり、大川隆法総裁は

ワールド・ティーチャー(世界教師)としての存在感を示している。

なぜ幸福の科学は広がり続けるのか。その秘密を探った。

(編集部/村上俊樹、田中司、赤井宏二、小島祐行 取材協力/呉亮錫)

 

【第1部】日本人が知っておきたい4つの宗教─200号記念総力特集「宗教」
【第1部】ひと目でわかる4つの宗教─200号記念総力特集「宗教」
【第1部】インタビュー「世界の宗教共存に向けて」─200号記念総力特集「宗教」
【第2部】【記事】「なぜ宗教は非課税なの?」ガチンコ論争 中村うさぎ×ザ・リバティ編集長」
【第2部】【動画】「なぜ宗教は非課税なの?」ガチンコ論争 中村うさぎ×ザ・リバティ編集長
【第2部】ガチンコ論争「お答え」編インタビュー(1)─200号記念総力特集「宗教」
【第2部】ガチンコ論争「お答え」編インタビュー(2)─200号記念総力特集「宗教」
【第2部】ガチンコ論争「お答え」編インタビュー(3)─200号記念総力特集「宗教」
【第3部】幸福の科学が世界宗教になる理由─200号記念総力特集「宗教」
【第3部】ワールドティーチャー大川隆法総裁・その多面的な悟りの展開─200号記念総力特集「宗教」
【第3部】ここがすごい「幸福の科学の教義」─200号記念総力特集「宗教」
【第3部】教団幹部に聞く─200号記念総力特集「宗教」
【第3部】「なぜ私は幸福の科学に入信したのか」信者インタビュー─200号記念総力特集「宗教」

 


 

多彩な活動を展開するこれが幸福の科学グループの全容だ!

――未来は、「主のことば」の上に築かれる――

 

【クリックで拡大します】

 

冠婚葬祭

 

来世幸福園

栃木県と徳島県に霊園。

 

幸福結婚相談所

年間50組以上が成婚。

 

来世幸福セレモニー 

幸福の科学が100%出資した葬儀会社。

 

 

政治・社会

 

社会貢献

「自殺を減らそうキャンペーン」を展開。

東日本大震災やウガンダ土砂災害などにおける災害支援や、ネパールの学校建設などの国際協力。

 

幸福実現党

2009年5月立党。同年衆院選、2010年参院選などの選挙に候補者を擁立。デモなどの市民活動でも、積極的 にオピニオンを発信する。

 

HS政経塾

社会人教育機関。現代の松下村塾として、将来の日本と世界を担うエリートを養成する。

 

シニアプラン21

高齢化社会に向けて、再就職の支援などを通して、シニア層を対象に人生の再生・新生を目指す仏法真理道場。

 

この国を、もっと繁栄する国に導いていきたいんです。「アジアの光」にしたいんです。「世界の誇り」にしたいんです。日本を、世界の人々が理想とし、見習うような国にしたいんです。
(『日本を夢の国に』 ※非売品)

 

この二十一世紀の百年間に、日本を発展・繁栄させ、世界一の国にしなければなりません。政治や経済、芸術をはじめ、宇宙開発や海洋開発などの科学技術の分野、その他あらゆる分野で世界一になることです。
(『勇気の法』)

 

※引用はすべて大川隆法総裁の書籍より

 

教育

 

サクセスNo.1

信者子弟の小中高生を対象とした信仰教育機関。信仰教育とともに学力向上を図る。

 

エンゼルプランV

信仰をベースとした、幼児教育機関。

 

ネバーマインド

不登校児を支援する教育機関。

 

いじめから子供を守ろう!ネットワーク

幸福の科学は、いじめから子供を守るため、保護者らが立ち上げたNPOを支援している。

 

学園事業

幸福の科学学園 那須本校(2010年開校)

幸福の科学学園 関西校(2013年開校予定)

幸福の科学大学(2016年開学予定)

 

 

「日本と世界を支え、発展させ、導けるような人材をつくる」ということが、幸福の科学学園の使命です。
(『教育の法』)

 

「この国を超え、他の国の人たちをも助けていこう」という高い志を持たなければいけないと思います。私は、そうした、高い志と強い情熱を持った子供たちを育てていきたいのです。
(『教育の法』)

 

宗教活動

 

布教誌

月刊 幸福の科学

ザ・伝道

ヤング・ブッダ

ヘルメス・エンゼルズ

What's 幸福の科学

ザ・大黒天

 

精舎

国内に22の正心館・精舎があり、3つが建立予定(2011年7月現在)。

 

支部

国内に約430カ所の支部、100カ所の拠点、約9300カ所の布教所がある(2011年7月現在)。

 

海外

全世界86カ国に約1200万人の会員を数え、海外の支部は55、精舎は2つある(2011年7月現在)。

 

 

来世紀には、少なくとも世界の人口の三分の一ぐらいまでは、幸福の科学の教えを広げるつもりでいるので、伝道の実行部隊であるみなさんも頑張ってください。
(『君よ、涙の谷を渡れ。』 ※非売品)

 

私は、今、これらの世界宗教を超えた、地球レベルの教えを説き、世界の人々が自由と平和と寛容の下、愛の実践のなかに生きることができるような時代を切り開こうとしています。私は、すべての宗教戦争を終わらせる覚悟で、この運動を広げています。
(『国家の気概』)

 

幸福の科学は、「エル・カンターレという名の至高神を立てて、今後、数百年、あるいは何千年かかけて、世界宗教として世界をまとめていきたい」という大きな願いを持っています。そのなかには、「平和で、幸福で、繁栄のある世の中をつくりたい」という願いもあるのです。
(『朝の来ない夜はない』)

 

出版・メディア

 

雑誌

ザ・リバティ Are You Happy?

 

経典

大川総裁はこれまでに700冊を超える書籍を発刊(会内経典含む)。年間最多発刊記録52冊は、ギネス記録に認定された。

 

インターネット

Happy Science TVでは、政治番組や宇宙情報番組など、多彩な番組をU STREAMで配信。2010年11月に「ザ・リバティ web」がスタート。

 

テレビ・ラジオ

天使のモーニングコール(ラジオ)

元気出せ! ニッポン(ラジオ)

未来ビジョン(テレビ)

 

映画

これまでに6作の映画を制作し、いずれも大ヒット。来年には『ファイナル・ジャッジメント 』『神秘の法』の公開を予定。

 

 


 

仏教、キリスト教をしのぐ?

幸福の科学  発展の軌跡

各教団成立ゼロ年を基準に、発展のペースを比較してみると……?

 

【クリックで拡大します】

 

※仏教、キリスト教史の年代は、様々な学説があるため、あくまで目安です。
※タイムラインの数字は各教団成立からの年数を表します。
 年号に併記した「○年後」の数値も同様です。

 

教祖生誕

1956年 大川総裁

前624年 釈尊

前4年 イエス

教祖大悟

1981年 大川総裁

前589年 釈尊

教団成立

1986年 初転法輪=立宗

前589年 釈尊の初転法輪

26年 イエス 伝道開始

経典成立

1987年(1年後)救世の三部作発刊

前544年 (約45年後) 第1次仏典結集

65年~95年 (約50年後) 福音書が書かれる (新約聖書)

施設建立

1996年(10年後) 総本山・正心館落慶

釈尊在世中 祇園・竹林精舎建立

イエス昇天~ 約20年後 エルサレムにキリスト教共同体

世界伝道開始

ニューヨークに初の海外法人

前3世紀 (約350年後)世界伝道 (アショーカ王治世)

50年(約25年後) 伝道開始(パウロら)

先進国の国是に

20XX年 幸福実現党が衆院第1党

前3世紀 (約350年後) インド・マウリヤ朝で国教化(アショーカ王治世

(約350年後) ローマで国教化)

タグ: 2011年10月号  幸福の科学  世界宗教  仏教  キリスト教  冠婚葬祭  政治  社会  教育  宗教活動  出版  メディア  

大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・高知県立県民体育館へのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の2つの条件を満たす方です。

・四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)のいずれかに在住

・幸福の科学 未会員


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 4月21日(金) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language