北朝鮮・中国問題 日本に残された「選択肢」 元自衛隊幹部が緊急寄稿 (第1回)

 

元陸自西部方面総監

用田和仁

(もちだ・かずひと)

1952年、福岡県生まれ。防衛大学校を卒業後、陸上幕僚監部教育訓練部長、統合幕僚監部運用部長、第7師団長などを歴任。元陸将。現在、日本安全保障戦略研究所上席研究員。共著に、『日本と中国、もし戦わば』 (SBクリエイティブ)がある。

韓国で平昌オリンピックが開幕しました。

 

しかし、その平昌からたった80キロの地点で国境を接する北朝鮮の金正恩政権は、オリンピック開幕の前日に、平壌で軍事パレードを行い、国際社会を揺さぶっています。

 

核・ミサイル開発を着々と進めている北朝鮮が、今後、アメリカ本土に届く核ミサイルを実戦配備してしまったら、アメリカの核の傘は無力化し、日本は北朝鮮の奴隷国家になりかねません。さらに、時間が経つにつれて、軍事独裁を強める中国こそが、日本にとって真の脅威であることがより鮮明になっていくでしょう。

 

そんな中、元陸上自衛隊西部方面総監の用田和仁氏が、本誌に寄稿。その内容を3回に分けて掲載します。今回は、その第1回です。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language