リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.18 - どうすればチームがまとまるの?

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.18 - どうすればチームがまとまるの?

 

2018年3月号記事

 

仕事の成果が出る!

リッツ・カールトン流おもてなし講座 Vol.18

 

世界最高峰のおもてなしで多くの人を感動させる「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」の元日本支社長の高野登氏に、仕事の悩みを解決するヒントを聞きます。

 

Happy Cafe 店長

マミ

元気で明るい。何でも前向きにトライ。たまに、おっちょこちょいなところも。

 

今月のマミ店長の悩み

どうすればチームがまとまるの?

 

 

 強い思いでチームをリードする人は、まずはメンバー一人ひとりが違う考え方、感じ方をしているということを受け止めることが大事です。

 チーム内で対立が起きる時には、「あの人のあの言い方が気に入らない」と、表現の仕方などが問題視される場合もあります。しかし、組織の理念に沿ったことを言っているならば、多少言い方がきつくても、「間違っている」とは言えません。

 人の心には、理性的な「マインド」の部分と、感情的な「ハート」の部分があります。プロとしての仕事をしていくためには、ハートの部分にはある程度フタをして、マインドで勝負することも必要です。

 会議の場において最も大事なのは、「その人の人格と意見は別物である」と明確に分けることです。特に日本ではこの2つが混同される場合が多いですが、「自分に反論した」「恥をかかされた」などの感情を相手にぶつけないように注意することが大切です。議論は、自分の功名心のためではなく、全員が最適な方向を探るために行うものだからです。

 自分とは違う意見を持つ人についても、ただ相手の意見を頭ごなしに否定するのではなく、まずはその意見を聞き入れ、相手を認める姿勢を示すことが大事です。その上で自分の意見を伝えれば、より良い方向に議論を進めることができます。

 例えば、「B子さんのご意見からいつも学ばせていただいています」と前置きしたうえで、「ただ、私は○○というご意見には賛同できません。なぜなら……」と話す。これだけでも相手の受け取り方は変わります。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

理念をどこに合わせるのか

人の力をどう引き出すか

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年3月号記事  リッツ・カールトン  おもてなし講座  高野登  著名知識人  チーム  理念  リーダー  

Menu

Language