最高裁がNHK受信契約義務付けを合憲と判断 公共放送の存在意義とは

 

NHKが受信契約の申し込みに応じない男性に対して起こした裁判で、6日、最高裁が「受信料制度は合憲」との初判断を示しました。

 

放送法64条では、テレビを設置したらNHKと契約しなければならないと定めています。ただ、契約をしなくても罰則はなく、受信料支払いの義務は明記されていないため、契約をしない人も一定数います。実際、受信料の支払い率は8割弱ほどです。

 

男性側は、受信契約の義務付けは、憲法13条などを根拠とする「契約自由の原則」に反すると主張しました。契約の締結は個人の自由であり、法律によって左右されるべきではないということです。

しかし、NHKは「公共放送」のため、放送法で"特権"が与えられ、契約自由の原則の例外のような扱いになっているのです。

これは、NHKを見たくない人からすれば、確かに理不尽です。

 

今回の判決では、契約成立の時点についても争われました。最高裁は、NHK未契約者を相手に訴訟を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立すると判断しました。

この流れでいくと、同様の訴訟が増えるか、受信料の支払いが罰則規定を伴う義務となる可能性もあります。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language