「ロシア疑惑」で元トランプ陣営3人を起訴 実はクリントンの方が“真っ黒”だった - ニュースのミカタ 2

「ロシア疑惑」で元トランプ陣営3人を起訴 実はクリントンの方が“真っ黒”だった - ニュースのミカタ 2

写真:K2 images / Shutterstock.com

 

2018年1月号記事

 

ニュースのミカタ 2

国際

 

「ロシア疑惑」で元トランプ陣営3人を起訴

実はクリントンの方が“真っ黒”だった

 

 いわゆる「ロシア疑惑」が大逆転するかもしれません。

 10月、元トランプ陣営の3人が起訴されました。選対本部長を2カ月務めたポール・マナフォート氏ら2人が資金洗浄など12の罪に、また、外交顧問だったジョージ・パパドプロス氏が連邦捜査局(FBI)の尋問で偽証した罪にそれぞれ問われています。

 ロシア疑惑とは、トランプ陣営が違法にロシア政府と共謀し、昨年の大統領選を有利にしようとした疑いのこと。起訴を受け、日本メディアは、トランプ陣営が「黒」であるかのように報じています。

 しかし、マナフォート氏らの罪状とロシア疑惑との関連性は見えてきません。ロシア側との接触について追及されているパパドプロス氏も、政権幹部の多くと面識のないアドバイザーにすぎず、疑惑を立証するにはつながりが弱い人物と言えます。

 これだけ騒がれ、捜査されているにもかかわらず、「ロシア疑惑」の"証拠"はこの程度です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年1月号記事  ニュースのミカタ  ヒラリー・クリントン  ロシア疑惑  秘密文書  内部告発  資金洗浄  パパドプロス  

Menu

Language