オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

イラスト:菊池としを

 

2018年1月号記事

 

オレたちの絆が世界を守る

2018年を「信仰」で読み解く

 

北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の台頭、宗教紛争など、国際社会は混沌としている。

2018年は、さらに混迷を深めるのか。それとも新たな未来が開かれるのか。カギを握る国のリーダーたちの本心を探りながら考える。

(編集部 小川佳世子、小林真由美、片岡眞有子)

 

 

 国家のリーダーを選ぶ際、あなたはどんな点に着目するか。日本なら、政策や所属政党で選ぶという人が多いだろう。

 アメリカではどうか。政策や政党はもちろんだが、そこに「信仰」が加わる。成人の62%が「大統領が強い信仰心を持っていることが大事」と答えている(*1)。

 宗教と政治の関わりをタブーと考える日本人には理解しにくいが、アメリカをはじめ他国では、選挙の際、候補者の信仰の内容が問われ、時には争点になる。信仰心が薄いと疑われれば、選挙で不利にすらなる。無神論のリーダーは、自らの考えのみで国民を支配しようとし、「歯止め」が利かなくなる恐れがあるからだ。

(*1)アメリカの世論調査機関ピュー・リサーチ・センターによる2016年の調査。

 

 

異端リーダーの本心

 今、北朝鮮に対する挑発的なツイートなどで物議をかもしているトランプ米大統領をはじめ、日本の常識では「異端」に見えるリーダーが各国で活躍している。

 なぜ彼らは国民に選ばれ、支持されるのか。彼らの「行動」だけに注目するマスコミの報道では分かりにくいが、「信念」や「信仰」の部分に注目すると見えてくるものがある。

 トランプ氏が勝利した2016年の大統領選について、評論家の藤井厳喜氏は次のような見方を示す。「対立候補のクリントン陣営中枢は、無神論者によって占められていた。キリスト教社会アメリカを擁護しようとするトランプと、無神論を拡大しようとするクリントンの宗教戦争だった」(*2)

 世界では、想像以上に「宗教」が大きな影響力を持っている。各国のリーダーたちの言動を理解し、2018年以降の国際政治を読み解く上で、宗教の理解は不可欠だ。

 各国で起きている改革と、外交関係の背景について、リーダーの「信仰心」に光を当てて読み解いていく。

(*2)『トランプ革命で復活するアメリカ』(藤井厳喜著 勉誠出版刊)より。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

過激な言動の奥にあるトランプの信仰が世界を動かす

サルマン皇太子が進めるイスラム改革が中東に広がる?

教会に代わって国民を救う“暴君”ドゥテルテ

カオスから「新しいインド」へモディの静かな革命

信仰の力でロシアを強国にするプーチン

世界大戦か繁栄の未来か「信仰」が2018年以降の未来を決める

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年1月号記事  信仰  北朝鮮  核ミサイル  中国  宗教  国際  トランプ  サルマン皇太子  ドゥテルテ  へモディ  プーチン  

Menu

Language