自公大勝の負の遺産 「国民の義務」が日本を救う!? - ニュースのミカタ 1

自公大勝の負の遺産 「国民の義務」が日本を救う!? - ニュースのミカタ 1

東京都秋葉原で最後の選挙挨拶を行った安倍首相。

 

2017年12月号記事

 

ニュースのミカタ 1

政治

 

自公大勝の負の遺産

「国民の義務」が日本を救う!?

 

 このほど行われた衆院選は、まさかの連続でした。民進党は、希望の党合流組と立憲民主党に分裂するなど、野党の足並みが揃わず、終わってみれば与党が3分の2を超える議席を獲得し、圧勝しました。

 しかし、保守を自認する自民党が、教育無償化などの左翼的政策を掲げて勝利したことには、後味の悪い印象が残ります。日本の伝統や精神を守る立場が保守だとするならば、現在の国会に保守政党は不在と言えます。

 これは、国民の側にも問題があるでしょう。現在、国民の義務を脇に置いて、行政サービスをより多く引き出した者が"勝ち"であるかのような風潮が広がりつつあります。

 憲法が「教育の義務(26条)」「勤労の義務(27条)」「納税の義務(30条)」という国民の三大義務を定めているように、国家は国民の自助によって支えられています。その基本原則が形骸化する危機に直面しているのです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年12月号記事  ニュースのミカタ  衆院選  消費税  教育無償化  税金  資本主義  減税  幸福実現党  自助努力  

Menu

Language