米専門家の間に「日本の核武装容認論」が浮上 日本の「核アレルギー」は世界の非常識

 

米ジョンズ・ホプキンズ大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」はこのほど、北朝鮮が東京とソウルを核ミサイルで攻撃した場合、合計約210万人が死亡し、約770万人が負傷するという推計を発表した。

 

推計では、北朝鮮が25キロトンの核ミサイル計25発を東京とソウルに向けて発射し、20発が日韓の迎撃ミサイル網をかいくぐって目標に到達した場合を想定。東京で約94万人、ソウルで約116万人が死亡するとしている。北朝鮮が開発を進めているとみられる「水爆」と同規模の250キロトンの核ミサイルで攻撃された場合は、犠牲者の数はさらに膨れ上がる。

 

米朝関係の緊張が増す中、アメリカの政治・軍事専門家の間では、「北朝鮮に核ミサイルを撃たせないためには、日本も同程度の核装備をするしかない」という「日本核武装論」が急浮上している。以下、その一例を紹介する。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language