活動家4人が語る 劉暁波の志を受け継ぐ ―中国民主化の火は消えず―

活動家4人が語る 劉暁波の志を受け継ぐ ―中国民主化の火は消えず―

香港で7月、劉氏を追悼する集会が開かれた。写真:AP/アフロ

 

2017年11月号記事

 

活動家4人が語る

 

劉暁波の志を受け継ぐ

中国民主化の火は消えず

 

中国の民主化に命をかけた劉暁波氏。その志は、世界の民主活動家たちにどのように受け継がれたのか。

(編集部 長華子、山本泉)

 

  5年に1度の中国共産党大会が10月中旬に開かれる。権力基盤を固めたい習近平政権は、民主化運動の抑え込みに躍起だ。

 中国政府は、「反テロ法」「国家安全法」「反スパイ法」などの法令を相次いで制定。6月に施行された「サイバーセキュリティー法」は国家政権の転覆につながる情報の排除を定めている。

 宗教弾圧も強まっている。宗教が政権に立ち向かってきた歴史があるためだ。昨年は法輪功信者80人が拘束中・釈放後に死亡し、3400人以上が監禁され、330人に有罪判決が下った。地下教会の摘発も相次ぐ。

 香港や台湾でも、中国共産党の締めつけ強化に反対する活動家が逮捕される例が増えている。

 だが、中国の自由と民主化を求める動きは止まらない。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

劉氏が霊言で伝えた内容とは

インタビュー/民主中國陣線・元代表 盛雪氏

インタビュー/「08憲章」署名者 夏業良氏

インタビュー/民主中國陣線代表 秦晋氏

インタビュー/香港市民愛国民主運動 鄒幸彤氏

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年11月号記事  インタビュー  民主活動家  劉暁波  鄒幸彤  香港市民愛国民主運動  秦晋  民主中國陣線  夏業良  08憲章  盛雪  天安門事件  

Menu

Language