山口敏太郎のエックス-リポート 【第61回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第61回】

 

2017年11月号記事

 

No. 061

 

山口敏太郎 X report

テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。

 

山口敏太郎

(やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。著書は『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』(KAWADE夢文庫)、『恐怖呪い姫~実話狂気怪談』(TO文庫)など多数。TV、ラジオに多数出演。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

 

 謎の信号「Wow! シグナル」をご存知だろうか。これは、宇宙人が存在する証拠かもしれないとされてきた。

 オハイオ州立大学の研究者が地球外知的生命探査(SETI)計画で宇宙空間を飛び交う電波を調べたところ、1977年に奇妙な電波が検出された。ビッグイヤー電波望遠鏡が約72秒間にわたって受信し、信号強度も非常に大きかった。

 信号の電波を解析したところ、恒星間通信で使われる可能性があるとされていた水素ガスが発する特有の波長の電磁波に、極めて近いことが判明。「宇宙人が交信していた電波を、SETIが受け取ったのではないか」と注目を集めた。この信号は、その驚きから「Wow! シグナル」と呼ばれるようになった。

 だが2016年6月、「この信号は2つの彗星が横切った際に生じた電波ではないか」という説が提唱された。2つの彗星は、直径数百キロにも及ぶ巨大な水素の雲に覆われている。

 そのため、この彗星が再び同じ軌道に戻る2018年1月7日、電波望遠鏡で再び同じシグナルを検出するプロジェクトが計画されている。果たして「Wow! シグナル」は宇宙人からの信号だったのか、それとも彗星の影響だったのか。正体が気になるところである。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

中国で目撃された長方形の物体

ニュースにUFOが映りこんだ!?

ビッグフットの正体は!?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年11月号記事  山口敏太郎  X report  UFO  UMA  ビッグフット  シャーマン  

Menu

Language