世界自殺予防デー 幸福の科学の自殺防止サイトもリニューアル

 

《本記事のポイント》

  • 「世界自殺予防デー」に向けて、全国で自殺予防運動が展開
  •  幸福の科学も「自殺者を減らそう!キャンペーン」HPをリニューアル
  •  自殺予防のためには、霊的視点を持つことが大切

 

9月10日の「世界自殺予防デー」に合わせて、全国一斉の電話相談が行われている。日本産業カウンセラー協会は、8日から無料で電話相談を受け付けており、人間関係や労働事情に関する相談が相次いで寄せられた。

 

自治体も、自殺予防に力を入れている。江戸川区は、公益財団法人「日本財団」、NPO法人「ライフリンク」らと協定を結び、三者連携によって自殺防止に取り組むという。秋田県の民間団体「秋田ふきのとう県民運動実行委員会」は、県や市の職員ら約80人で自殺予防を訴えた。

 

 

交通事故死亡者より多い自殺者数

日本の自殺者数は、1998年から2009年までの11年間、3万人を超え続け、03年には3万4437人を記録した。その数は、03年の交通事故死亡者数7768人の約4倍。03年を境に自殺者数は減っているものの、昨年は2万1897人であり、依然として多い。

 

警視庁が発表している統計によると、自殺者数の3割が「健康問題」、1割が「経済問題」を理由としている。問題の解決策が見当たらない、自分ではどうしようもないと思い、未来に希望が持てなくなった時に、自殺を選ぶケースが多いようだ。

 

 

必要なのは霊的真実を知ること

リニューアルした幸福の科学の自殺防止サイト。

幸福の科学は、2003年から「自殺を減らそう!キャンペーン」を全国で展開しており、9月1日、自殺防止を呼び掛けるウェブサイトをリニューアル。スマートフォン用にデザインを変更した。また、世界自殺予防デーを見据えて、9月には自殺をなくすための街頭キャンペーンにも力を入れている。

 

自殺者を減らすためには、自殺した後にどうなるかという霊的真実を知る必要がある。幸福の科学・大川隆法総裁は、自殺者の霊が死後どうなるかについて、著書『幸福へのヒント』でこう述べている。

 

「自殺者が天国に行くことはきわめてまれであって、地獄、もしくは地獄以前の段階にいることが多いのです。自殺者のなかには、自分が死んだことが分からずに、地上の人と同じように生活している人や、地縛霊となって、自分が死んだ場所に漂っている人が数多くいます。したがって、『自殺すると、ろくなことにならない』ということを、しっかり教えることが必要なのです」

 

自殺をしても、苦しみから逃れることはできない。自殺が頭の中によぎる人には、そうしたことについて考えてもらいたい。

 

人生とは一冊の問題集であり、一人ひとりが自らの問題を解いていくことが人生の目的である。苦しみや悲しみは心を磨くための材料として捉え、よりよく生きていく事が大事だ。

(HS政経塾 須藤有紀)

 

【関連サイト】

自殺防止サイト「あなたに贈る真理の言葉」

https://withyou-hs.net/

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『幸福へのヒント』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=141

 

【関連記事】

2017年8月号 【巻頭インタビュー】千眼美子(清水富美加)『働き方』より、働く理由。 ―女優だけど、女優じゃない

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13172

 

2016年3月25日付本欄 改正自殺対策法が成立 自殺問題を真に解決する霊的人生観

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11124

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language